ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのさんじゅうさん

製鉄天使製鉄天使
著者:桜庭一樹
『赤朽葉家の伝説』に登場する赤朽葉毛鞠が描いたマンガのノベライズという設定で、そのマンガのモデルとなるのは赤朽葉毛鞠の体験そのものなので、展開やら何やらは毛鞠の体験として既知のものだったにも関わらず、面白かったです。

ていうかこれマンガで読みたい。誰に描いて欲しいとか具体的な想像はできませんが、読みながらコマ割りが自然に浮かんできて、「これ絶対見開き 2 ページ使ってドーーン!だよなぁ…」とか思いながらの読書はすこぶる楽しかったです。

プリズン・トリックプリズン・トリック
著者:遠藤武文
表題から某アメリカドラマを想像してしまったわけですが、あちらが脱獄不可能といわれる刑務所から脱出する物語なのに対し、こちらは刑務所という密室で殺人を犯す物語です。

わざわざ刑務所という特殊な空間で犯罪を犯した「理由」を含めて発想は面白いのではないかと思う。でも肝心の「トリック」が、これをトリックとは認めたくないというのが正直なところです。実際にこれが実行可能なのかどうかは別として、全くときめかないんだもの。

後悔と真実の色後悔と真実の色
著者:貫井徳郎
前半は警察という組織特有の人間関係も含めたストレートな警察小説、視点となる人物の属性が変わる後半は犯人へ至る推理の過程を描くミステリ小説としての要素が強く、一粒(一冊)で二度美味しい的な作品です。結構な人数が登場しますが、それぞれしっかり描き分けられてるのはすごいなと感心しきり。

貫井さんといえばラストのどんでん返しですが、今作はアッサリめ。でもきっと貫井さんはそういうつもりで書いていないかなと。謎解きよりも人間ドラマに重きを置いて書かれたのだと思う。だから、どんでん返しがなくとも充分読み応えがありました。

読書メーター

top↑

コメントの投稿

secret