ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

現実対虚構。

『シン・ゴジラ』いや、『シン・ッガッッズィィイッラ』(さとみ風)観てきました。

「ゴジラ FINAL WARS」 (2004)以来 12 年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 の樋口真嗣を監督に迎え、体長 118.5 メートルという史上最大のゴジラをフル CG でスクリーンに描き出す。

内閣官房副長官・矢口蘭堂を演じる長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインキャストに、総勢 328 人が出演。加えて、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加している。

「異次元の脅威に立ち向かう集団」というテーマの痛快な作品は邦画洋画問わず古来からあるけれど、ハリウッド超大作の作風に寄せたものを観ることが多くて、例えば主人公と脇役の会話劇だったり緊迫した場面でのささやかなジョークだったり、面白いのに根底で共感しづらいというか、「海外ではこんなやり取りするのね~」という感覚でした。

それが今作では実に日本人らしい、あるあるな反応や発言に満ちていて、なおかつ SF ぽくもアニメ調でもあり、痺れるカッコよさでした。そう感じた自分は、あまり強調したり誇るつもりもないけど、「日本人なんだなぁ」としみじみ実感しました。
具体的には、財前総合幕僚長の「仕事ですから」や、里見総理大臣の「こんなことで歴史に名を残したくなかったなぁ」、安田の「選ぶなよぉ…」などなど。作戦が成功したらみんなで書類撒き散らして喝采&ハグ!じゃなくて、「ハァ~ッ」と静かにため息洩らして安堵するだけなの、これぞ日本人…って感じでした。

映像は何と言ってもゴジラによる破壊シーンが素晴らしい。人間の流血を直接的には一切描かず、ゴジラの強靭さや恐ろしさを表現しているのは見事。エヴァの第 3 新東京市、あの夕日に照らされた無人要塞都市を見たときの衝撃が蘇りました。電柱を根こそぎ倒壊させるのは最早様式美ですよ!

お気に入りのシーンは無人の在来線がゴジラに突っ込むシーンです。あれ、私が海外の人間だったら、ざ、在来線!だーーーーー!!!!!などと興奮することもなかっただろうし、蒲田とか目黒とかもピンとこなかっただろうから日本人でよかったなって。無人在来線爆弾だけで 100 億点です!!

「人間を描けてない」的な批評があったけど、私はむしろリアルだなーって思いました。 クズも聖人もいなかったところとか。こういう映画には大抵ひとりは「こいつ早く死なないかな…」って思ってしまう人物がいるもんだけど、それもなかった。ヤシオリ作戦の現場で、カヨコが去った矢口の隣にゴジラの遠景が映し出されるシーンもとても象徴的。

人名や武器の名前とか、始終テロップがバン!バン!と出てきますが、そんなものは読まなくてヨシ!登場人物の名前はおろか、主人公の名前も覚えなくていいレベル。とにかくあんな人こんな人がいーーーっぱい出てきます。もう誰が出てきたとか数えられないくらい、ありとあらゆる役者がとっかえひっかえポンポンポン。すごく贅沢な使い方してる。

やー、面白かったなぁ。やばかったなぁ。ネットで盛り上がってる層は多分、ゴジラ(特撮)ファンというよりエヴァ世代 (30 ~ 40 代)が多いのではないかと思うのですが、エヴァが好きでまだ観てないって人には是非観て欲しい。オタクなら観ろ!難しいことはわからないけど、オタクがカッコいいと思う「画」が盛りだくさんだったから!

『シン・ゴジラ』あたまのわるい感想
まさにこれ。上映中の自分の心の中がまるっと文章化されてる(笑!

top↑

コメントの投稿

secret