ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのさんじゅうに

みんな誰かを殺したいみんな誰かを殺したい
著者:射逆裕二
デビュー作だそうですが、なかなかいいなと思いました。かなり複雑に練り上げられていて、目次が日付と時刻なので時系列が問題なのか?と構えて読んだため混乱気味でしたが、読後はすっきりです。全ての仕掛けにちゃんと答えが出てるし、上手くまとめたなという感じ。すごいなホント。とりあえず文句なしです。

すごく淡々とした文章で、どの登場人物にも肩入れしてない感じがいいです。読み終わってみると、タイトルも結構重みがあります。なんだか、上手く言えないのですが、ちょっと掘り出し物かもしれません。

悲鳴 (ハルキ文庫)悲鳴 (ハルキ文庫)
著者:東直己
主人公の探偵が引き受けたただの浮気調査が思わぬ事態に発展し、平行して切断された男の手足があちこちにばらまかれる事件にも関わることになり、それが最終的に過去に起こった痛ましい事件へと繋がっていくというもので、ミステリ的にも最後まで予測できない展開。

愛すべき変人である協力者、娘、そして事件の結末が明らかになると、タイトルの「悲鳴」という言葉がとても痛くて哀しい。悪意の塊である人も、社会の隅でひっそりと生きる人も、みんな誰かを求めてる。シリーズものとしてではなく、この 1 作品だけでも傑作です。

さよならの代わりに (幻冬舎文庫)さよならの代わりに (幻冬舎文庫)
著者:貫井徳郎
伊坂幸太郎バリに見た目もそこそこ、ちょっとお人好しな好青年の切なく甘酸っぱい経験、みたいな作品を狙ったのかなぁ。これを他の人が書いたならどーでもいいんだけど、貫井さんだけにもう少し事件をしっかり書いて欲しかった。いくら恋愛小説なのだとしても。

あとねー主人公「和希クン」てのがすごく気持ち悪かった。なに「クン」て。他に「○○くん」て呼ばれてる人物が出てこないので、意図して「クン」なのか、他にもいれば登場人物みんな「クン」だったのかわからないけど、なんか気持ち悪かった。

とにかく安いってことです。内容的に。

読書メーター

top↑

コメントの投稿

secret