ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 "Supernova"@名古屋国際会議場センチュリーホール



十四松を探せ!

GLAY のライブに行ってきましたよ。センチュリーホール。4 年ぶりの全国ホールツアーですよ!私としては昨年 1 月のガイシホール以来の GLAY です。待った… 1 年以上待ちました。ようやく観れた嬉しい~!!

今回も名古屋は 2days で、これまで 1 日しか参加できなかったんですけど、珍しく土日休みが取れました。2 日間行くぞ~!と気合いバリバリでしたが、2 日目しかチケット取れませんでした。FC、モバイル、一般とやれる限りやったけど無理だったよ…。まだまだチケットが取りにくいバンドです。嬉しいような悲しいような(つω´)
■GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 "Supernova"
2016 年 2 月 28 日(日) 名古屋国際会議場センチュリーホール 17:00~

SET LIST
*1.Scoop
*2.千ノナイフガ胸ヲ刺ス
*3.汚れなき SEASON
*4.STARLESS NIGHT
*5.laotour~震える拳が掴むもの~
*6.幸せになる、その時に。
*7.100 万回の KISS
*8.More than Love
*9.MERMAID
10.Believe in fate
11.SORRY LOVE
12.カナリヤ
13.航海
14.空が青空であるために
15.百花繚乱
16.TILL KINGDOM COME
17.BEAUTIFUL DREAMER
18.Supernova Express 2016

ENCORE
19.HOWEVER
20.Life~遠い空の下で~
21.HAPPY SWING
22.彼女はゾンビ
23.HIGHCOMMUNICATIONS

「今回のツアーはコアな GLAY ファンが集まってるんで、セットリストの内容に痺れるかと。あとメンバーの誰が先にミスるかお楽しみに(笑)。俺の中では TERU かな?」

ナタリーのライブレポで JIRO ちゃんがこんな発言をしていたので、あんな曲やこんな曲が聴けるのか、私の好きなアレもソレも聴けたりするのかな~!?なんて、楽しみにしていました(他会場のセトリは見てません)。

まぁ聴きたかった曲の大半は聴けませんでした。『アイ』もない!『Missing You』 もない!『Two bell silence』 もない!『Good Bye Bye Sunday』 も 『REGRET』 も 『Lovers change fighters, cool』 も 『Chelsea』 もなかったーっ!

だけど『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』懐かしかったし(「せんのないふがむねをさすっ」ってカッコよく言えるてっこに毎回感動する)、『汚れなき SEASON』 はイントロのギターからゾクゾクしたし、『More than Love』 で 8 ビートで Jump!できたし(お客さんのジャンプを見届けて満足げな JIRO ちゃんが、今日のベストキューティスマイルです)、JIRO ちゃん作曲の超名曲『カナリヤ』も聴けて、満足度高し。

『Believe in fate』、滅多にライブで演らないイメージですけど、いつ振りだったんだろう?新曲たちも、当日はまだ聴き込んでいない状態でしたがどれもよかった。『HAPPY SWING』 ではてっこがワイパーしながらハッスルしてる様子を後ろから JIRO ちゃんが撮影するという微笑ましい光景もあり(> u <*)

以下、MC。ニュアンスで!

・『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』を歌い終えて
・TERU 「ちょっと!落ち着きなさい(笑!こんな頭 2 曲でここまで盛り上がることないよ(笑!ありがとう!このまま突っ走れる?3 階席!東京ドームと比べて近いね。2 階席!EXPO やっちゃうと本当近く感じるね。1 階席!もうライブハウスみたいだね。野郎ども!暴れていこうぜ!ライブでは、女とは言いません。女の子ー!暴れていこうぜ!」

・TERU 「20 周年を迎え、21 周年を歩いていますが、昔は自分本位というか、自分中心で考えて音楽を作っていたように思います。そして、次第に愛情をどう届けようと考えてきて、いまはひとりひとりに手紙を書くような気持ちで音楽を奏でています。手紙を書いている感じかなと思ったのは、次の曲があるからかと思います。もう 10 年以上前の曲になります。ライブで初めて演る曲です」
・『幸せになる、その時に。』

なんと今ツアーでも演奏したのは後にも先にもこの日だけ。貴重な体験をしてしまった。

・『Believe in fate』 を歌い終えて
・TAKURO 「名古屋!元気ですかと聞くまでもないですね。君たちは元気だ!JIRO も HISASHI も顔には出していませんが、ものすごく楽しんでます!」
・JIRO 「いやいや、俺はめっちゃ出してるでしょ(笑!!!」

JIRO ちゃん本当にテンション高かったです(笑。誰が見ても楽しそうでしたよ!

・TAKURO 「昨日で TOSHI 坊が GLAY のライブに参加して 800 回目だったということで、1000 回目のライブもここ名古屋だろうと!1 年 40 本ぐらいライブをやれば、1000 回まで 5 年ぐらい?まあ 200 本やれば来年なんだけど(笑。そんなにやったら TERU の喉が保たないので(笑。TERU さんどうですか!名古屋元気ですね!」
・TERU 「本当元気だね!20 年続けてるわけじゃないですか、そろそろ(自分は)落ち着いてもいいんじゃないかなと思うんですよ。曲中以外でも叫んでるし。曲のタイトル叫ぶボーカル最近いないよね。でもタイトル叫ぶとアガるよね!」

・TAKURO 「ロックの醍醐味ですよ。でもアンケート読んでると、「何言ってるか聞き取れません!」って書いてある。イントロクイズみたいな(笑」
・TERU 「これからも、70 歳になっても叫び続けます(笑!」

・『航海』を歌い終えて
・TERU 「いま歌いながら昔のことをいろいろと思い出しましたが、本当にこのメンバーでよかったなと。そして『カナリヤ』で思ったけど、GLAY でよかったなと。TAKURO に「てっこー、バンドやんね?」って言われたとき、「いいよ!」って言ってよかったなと改めて思いました。…ちょっとジュース飲むね」

ジュースwwwwwwww 多分スポーツドリンクかな。これには JIRO ちゃんも思わず噴き出すwwwww

・TERU 「いやいや!ボーカリストってこの時期本当きついんだよ!練習では出るのに乾燥で出なくなったりね。だからスタッフがこんなの(ボトルホルダーが装着されたマイクスタンド)作ってくれたり。これがある前は…」
・後ろに戻って飲んでというようなジェスチャー(無言)
・JIRO 「一度戻ってドリンク飲まなきゃいけなかったってことね(笑」

・TERU 「MC は不真面目に、演奏は真面目に行っております(笑。みんなに幸せになって欲しいと思い作った曲です。聴いて下さい…空に!!あ、違った!」
・超スピードでピック投げつける JIRO ちゃーん>///<
・その横で HISASHI、文枝師匠ばりのズッコケ
・HISASHI 「びっくりした!」
・TERU 「省略しすぎた!それでは正式名称を…『空が青空であるために』!」

曲名間違えたのもフフッだったけど「正式名称」でもうダメ。

・本編終了後、客席の写真を撮る JIRO ちゃん
・JIRO 「みんなの青空撮れちゃった!ありがとう!アンコール待ってるぜ!!」

可愛すぎない???「じろうちゃん可愛いな…」って呟いてしもた。

・メンバー紹介
・JIRO 「今日はね、言うことないね!最高だ!本当幸せ。いい人生だな~。俺の幸せな人生に付き合ってくれてありがとう。今回のツアーは SEI さんがいないので、より音を追求しなきゃいけなくて充実した時間を送ってます。みなさんどうですか?伝わってるよね?」


「俺の人生に付き合ってくれてありがとう」。こんなカッコいいことをサラッと言ってしまう JIRO ちゃんイケメン。こちらこそどうもありがとうだよ。男の人ってあまり「幸せ」って表現を使わないイメージがあるんだけど、ストレートに「幸せ」って言える JIRO ちゃんは素敵だなって思います。イケメン。

・JIRO 「昨日も最高のライブだったんだけど、こうやって毎回最高を更新していきたいと思います。今日来てくれた人、チケット取るの大変だったと思うけど、今日の出会いに感謝だね!ほぼ半分ぐらいツアーは終わっちゃったけど、残りも頑張ります!ありがとう!」

・TAKURO 「JIRO と同じで俺も言うことがなくて… JIRO の話を聞いてたら涙ぐんでしまった!俺は話を盛ることで有名なんですが、LUNA SEA の SUGIZO さんに初めて会ったとき、黒のロングコートを着ていて、数年後この話をしたら、「SUGIZO さんあのとき 3 メートルの黒いマント着てましたよね」…となり、最近では 「18 メートルのマント着てましたよね」って話になる(笑」

・TAKURO 「でも、今日は話を盛らない!今日、自分の人生で一番のプレイができました。最近、自分のギタースタイルは何なのかと考えることも多かったんだけど、やっと見つけた!何か掴んだ!だから今日は伝わったんじゃないかな…と思います。これからも音楽に対して真摯な姿勢で頑張ります!」

・TERU 「感動的な話はここまでね!HISASHI!」
・HISASHI 「時代が生んだ幻の華、東京都港区からやってきました HISASHI です。突然ですが、GLAY の出身地は何処でしょう」
・\函館ー!/
・HISASHI 「北海道の?」
・\函館ー!/
・HISASHI 「新幹線が開通する?」
・\函館ー!/

・HISASHI 「そう函館です!でもね、今日昼にテレビ見てたの。「まかせる系」のやつ。それで北海道新幹線のことやってて、メンバー 3 人が函館出身って言ってて…。いやいや、正式情報だとそうだけど、Wikipedia とか見てもそうだけど、僕は弘前市出身なんですよ、青森の。でもね、高校生のときに俺は TAKURO から GLAY に誘われてるんだから…いいじゃないそこは函館出身で!さすがまかせる系の番組だと思いましたよ」




外出前に私も見てました。アッコにまかせる系のやつ(笑。

・『HIGHCOMMUNICATIONS』 を歌い終えて
・TERU 「これからの予定、まだ言えないことがいっぱいあるんだけど、とりあえず 7 月 30、31 日に幕張で会いましょう!FC 限定だからね!何言おうとしてるかわかるよね(笑。今日は本当にありがとう!これからもまた来るんでね、そのときまで、いってきます!」
・\いってらっしゃーい!/で終了


今回本当によくライブで披露していたヒットシングルや定番曲が外されているので、JIRO ちゃんの言うように、ほぼ全ての楽曲を満遍なく聴いているコアなファン向けな構成でしたね。でも『彼女の “Modern…”』がないとやっぱり寂しいから、次のライブではまた聴けたらいいな。

GLAY ももう 22 年目ですからね、その間コンスタントに曲を発表してるわけで、聴きたかったアレもソレもが 1 回のライブで全部聴けるわけがないんですよね。なのでまた行きたいです。行きます。毎年たくさんライブやってるのに、「また行きたい」と思わせるのはすごいなぁ。全然飽きないもん。

やっぱり GLAY のライブは何度観てもいいです。彼らがたくさんの人に愛される理由が分かる、彼らの持つ空気全てが表現された楽しくて優しいライブでした。最初から最後までエンターテインメント、むしろ彼らの存在そのものがエンターテインメントというか。あと曲と MC のギャップが激しいのもいいんだよなぁ。もー、胸のキュンキュンが止まらないよ!

一公演もチケットが取れなかった人が多くいる中、1 日だけでも行けたのはとても幸せなことだったなって。それと今回のツアーはずっと私の GLAY トークに付き合ってくれるヒスイさんが初めて GLAY のライブを体験できたというのも、記憶に残る大きな出来事でした。楽しんだみたいで本当によかったな~(´v`)



十四松はココ!でした(*`ω´*)

top↑

コメントの投稿

secret