ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのよんじゅうさん

歌舞伎町セブン (中公文庫)歌舞伎町セブン (中公文庫)
著者:誉田哲也
タイトルと帯文だけでは中身が想像できなかったし、途中まではこれハードボイルドなのだろうか…?と思いながら読み進めていたのですが、まさかセブンがそういうことだとは(笑。タイトルが意味するものが明らかになって以降はいい意味で戦隊モノっぽく、一粒で二度美味しい的な物語でした。

特におっさんフェチの人にはオススメできます。多分ジウと地続き(?)なので、中央公論新社から刊行される誉田小説の中の「歌舞伎町」は確立されつつあるのかな。

完黙完黙
著者:永瀬隼介
感想をひとことで言うと「チープ」。全て短編のネタじゃないんだよなぁ。

私が短編の良し悪しを決める判断基準は、喜怒哀楽なんでもいいけどとにかく心を揺さぶられる一文・一言があるかどうかということなのですが、この本に収録されている全ての物語にそれはありませんでした。

設定だけ見ればドラマ性はある。でもそれだけ。読後に何も残らない。それぞれ長編とは言わずともせめて中編としてもっと話を拡げ掘り下げてくれたらそれはそれで何か感じるものがあるとは思うのですが、残念ながらこれは全てあらすじレベルでした。

猟犬猟犬
著者:深見真
「一般向けの深見さん」なので、ファンとしてはアクション描写も同性愛描写も物足りなさは否めませんが、一般向けだと思えば充分です。むしろ一般向けであろうが深見ワールドを貫くその姿勢だけで嬉しくなります。

でもよくある「女刑事モノ」を期待して手に取った人にとってはどうなんだろう。女刑事と言えば男社会の中で不当に差別を受けてるイメージじゃないですか。でもこの作品の主人公はどの男よりもあらゆる意味で強いですからね(笑。最後の引っ掛けというか、ある人物の素性については全く考えてなかったので驚きました。

読書メーター

top↑

コメントの投稿

secret