ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのよんじゅういち

沈黙の森 ((徳間文庫))沈黙の森 (徳間文庫)
著者:馳星周
主人公のコマンドーっぷりがなかなか凄まじいのと、ヤクザも警察もおかまいなしの殺されっぷりと、そして戦うヒロインポジション(だと思う)の犬がかなり可愛かったので久々に満足できました。ていうかもうわんこ (2 匹)の行く末だけが気がかりだったと言っても過言ではなかったので、最後までハラハラしながら読みました。ホッとしたー。

殺気!殺気!
著者:雫井脩介
人が持つ「殺気」に超敏感になってしまった女子大生の話を雫井さんで、ときたらそれ相応のハードなものを想像するのは間違いではないですよね?例え装丁がこれだとしても。だって殺気だもん。

というわけでワクワクしながら読み始めたら、女子大生の温い日常物語だったんですけど…。中盤辺りでこれ以上読むのを止めようか本気で悩んだくらいです。とは言えやはり雫井さんなので、終盤でそれなりの展開を用意してはくれましたが、それだって予想の範囲内というか、25 度のお湯が 28 度になったくらいのもんで、評価が覆るほどのものではなく…。

WILL (集英社文庫)WILL (集英社文庫)
著者:本多孝好
『MOMENT』 の続編ではなく姉妹編という位置づけになるようで、あれから 7 年後を描いた作品です。

客から持ち込まれたいくつかの相談の中に潜む真実を、主人公の森野が根気よく丁寧に探っていくという、いわゆる日常の謎モノではありますが、余韻を残すラストシーンの印象が強すぎてミステリというよりも森野という女性が紆余曲折の末に幸せを選んだ物語といった感じです。

真実が明らかになってみたら謎でもなんでもなかったわけですが、「想う人」はバンドメンバーの活躍を含めて爽やかかつ甘酸っぱくて面白かったです。

読書メーター

top↑

コメントの投稿

secret