ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

永遠と名づけてデイドリーム

小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」
先週、私に衝撃を与えた小室さんの引退会見。テレビで生中継されていましたが、そのときは仕事中でちゃんと見ることができず、「引退」のテロップを見て、草食系の顔してるけどてっちゃんいつまでもお盛んね~…でも不倫で引退?責任の取り方おかしくない?意味がわからない。と思っていました。

帰宅して会見を見たら、そんな軽い問題じゃなかった。
介護、年を取ること、病気、仕事、才能。いろいろ考えてしまった。

小室哲哉は妻と子を捨て、ともちゃんにはきちんと別れも告げずにフェードアウト、アサミとデキ婚しときながらケイコに乗り換えて、音楽家としては才能のかたまりかもしれないけど、男としてはクズオブクズですよ。それでもこんな結末ってないよ。さみしい。

私は仕事柄、高次脳機能障害の人と接する機会がありますが、会話のキャッチボール、意思の疎通ができないって本当に辛い。仕事だからと割り切りつつも、たかが数分でも心が折れそうになるから、家族でずっととなると精神的負担は計り知れない。そして他人に障害の度合いが見えない病気を持った家族は、近い人ほど相談できなかったりする。

「僕 1 人の言動で日本の社会が動くとは思っていませんが、高齢化社会、介護、ストレスだったりの問題について、少しずつですがこの 10 年で触れることができたので、こういったことを発信することで、何かいい方向に、皆さんが幸せになる方向に進んでくれたらいいなと、心から思います。微力ですが、何か響いてくれたらいいなと思います。ありがとうございました」

テレビでは流されなかった最後の言葉が本当に伝えたいことだったのかもしれない。まさか、書き起こし記事を読んで泣くとは思わなかった。小室さんに興味がない人にも読んで欲しいです。

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-

私はポケベル片手に公衆電話で音速の如くプッシュボタンを操ったコギャル世代なので、小室さんの曲と共に生きてきたと言っても過言ではありません。思い出の曲はたくさんたくさんあります。

そんな私のお気に入り TK 曲を振り返ろう!こんなときは好きな曲を聴こう!と思って調べたら膨大すぎて、改めて小室哲哉のすごさを思い知った。本当にいっぱいあるけど、絞りに絞って 10 曲!


・My Revolution / 渡辺美里
86 年に発売された 4 枚目のシングル。TBS 系ドラマ『セーラー服通り』主題歌。

鉄板。私が初めて聴いた小室哲哉の曲がこれ。当時は小室さんの名前は知らず、主題歌になっていたドラマが好きで毎週見てたんですよね。いまとなってはドラマの記憶も曖昧ですが、女子高生 3 人組が学校に内緒で漫画家になって…という話だったのは覚えています。



・CRAZY GONNA CRAZY / TRF
95 年に発売された 8 枚目のシングル。

私、そんなに TRF 好きじゃないんです。めっちゃ売れてたからこの辺りの曲は大体知ってますし、カラオケでも多分歌えると思う。でも好きかと言われると…。シングルは聴いてたけどアルバムは一度も聴いたことがないんじゃないかしら。

でもこの曲は大好きで。いまでもカラオケで歌っちゃう。イントロから A メロ B メロサビまで全部好き。TRF の曲って全体的に大人っぽいんだけど、この曲は何か可愛らしい。YU-KI の歌声も可愛く聴こえる。



・WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント / H Jungle with t
95 年発売。ダウンタウンの浜ちゃんとのコラボ曲。

ダウンタウンが好きで HEY!HEY!HEY! も楽しく見てた私。浜ちゃんが小室ファミリー入り!って、「えぇ…」と思ったけど普通にいい曲だったし、当時のフィーバーぶりは相当イカレてて楽しかったなぁ。

H Jungle with t といえばこの曲でしょうが、後に発表した 『GOING GOING HOME』 と 『FRIENDSHIP』 もお気に入りで、定期的に 3 曲続けて聴いてます。当時はたーのしー!って笑ってたけど、大人になったいま、歌詞が心に沁みてしょうがないよ…(つω´)



・Body Feels EXIT / 安室奈美恵
95 年発売。安室奈美恵単独名義では 3 枚目のシングル。

おんざまゆげに姫カット、金色に染めた髪にフリルいっぱいのロリータファッション。これが高校生時代の私でしたが、同年代のカリスマとして一世を風靡した安室ちゃんは私にとっても憧れでした。黒のタートルネックにバーバリーのミニスカート、10cm はある厚底ブーツにシャギーの入った茶髪。みんながみんな安室ちゃんだった。

安室ちゃんだけで一記事書きたいくらいですが、プロデュース 1 作目でインパクトも強烈だったこの曲を選びました。若干 18 歳の女の子がパワフルなボーカルとキレのあるダンスで魅せるステージは唯一無二。パンツスーツで踊る姿が大好きだった…。サラッサラに揺れる髪も、振りも好きなんだよなぁ~!まさにディーヴァ!



・RESPECT the POWER OF LOVE / 安室奈美恵
99 年に発売された 13 枚目のシングル。

母親殺害事件から 12 日後、『HEY×3』 に出演した安室奈美恵とダウンタウンの優しさ
発売日にあんな衝撃的な事件があって、いまでもこの曲を聴くとどうしても当時のことを思い出してしまうのだけど、テレビで気丈にパフォーマンスをする安室ちゃんを見てこの曲が大好きになりました。この動画がそのときのものなんですけど、歌い終えた表情に涙が出ます。



・I'm proud / 華原朋美
96 年に発売された 3 枚目のシングル。

小室さんを語る上でともちゃんを避けることはできないので、どの曲にしようか迷いましたが MV がいろんな意味ですごいこの曲を。

20 年以上前なのに古さを感じさせないともちゃんの可愛さと、「金かけました」感と、プロデューサーなのに存在感ありまくりな小室さん(笑。こんな絵に描いたようなシンデレラストーリー、そうそうないですよね。間違いなく、ともちゃんが一番輝いていた頃。



・FACE / globe
97 年に発売された 8 枚目のシングル。

globe も好きな曲いっぱいあるんだけど、1 曲だけ選ぶならこれかなぁ。小室ファミリー全盛期の頃はいまのようにアイドルが次から次へと出てくる時代でもなく、どちらかと言うと「可愛い」よりも「カッコいい」「きれい」な女性が憧れの対象でした。globe の曲も、私にとってはちょっと背伸びして聴くような、「カッコいい大人のうた」だった。

久しぶりにライブで歌う KEIKO の姿を見たんですけど、すごいですね!この表現合ってるのか自信ないけど、男らしい(笑。歌うことが楽しくてたまらないんだなぁって気持ちが伝わってきて、見てるこちらも気持ちよくなる。いいボーカリストでしたね。



・YOU ARE THE ONE / TK presents こねっと
97 年発売。小室ファミリーコラボレーションシングル。

すごい!小室さんの現嫁と元嫁と元カノが勢揃い。こわい!
あとノンケのふりしてる kaba ちゃん、懐かしい(笑。

特に見て欲しいのは、他パートでは一見気怠げに見える安室ちゃんが自分のパートになった途端、他の人間が全員モブにしか見えないエフェクトがかかってしまうほど輝くところです。安室ちゃん好きだ~~~~~。



・背徳の瞳~Eyes of Venus~ / V2
92 年発売。小室哲哉と YOSHIKI の期間限定ユニット。

キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!
元 V 系愛好家として、これは外せない!!!

ヘドバンしまくりながらドラムをぶっ叩く YOSHIKI と、鍵盤に囲まれて歌う小室さん。カッコいい!!!と思ったのも束の間、歌声にズコー!となる衝撃の問題作(笑。それでも私は好きでした!こんなユニットがあったこと、いまとなっては知らない人も多いかもしれませんね。

いろいろあったけど、小室さんが地道な活動を続ける一方、YOSHIKI のメディア露出が増えてきて、V2 復活ワンチャンあるかな!?なんて思ってたのにな…。



・STILL LOVE HER (失われた風景) / TM NETWORK
88 年発売。TV アニメ『シティーハンター 2』 ED テーマ。

TM NETWORK にシティーハンターと言えば 『Get Wild』 も捨て難い…っていうか、めっちゃ好き!最高!!なんですけども、実はこちらの方が好きなのです。マジパネエっす。激マブっす。ちょうやべえ。マジレジェンド。と思わずローアイン風に賞賛したくなる。やっぱ、小室哲哉のホームここにありって感じ。

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-

当時は「小室哲哉の音楽には血が通っていない」という批判もありました。誰が歌っても同じ、どの曲を聴いても同じ。そう聴こえた人もいたかもしれないけど、ちゃんとアーティストの個性もそれぞれあって、たくさん良い音楽を吸収させてもらったと私は思っています。

きっと、手を差し伸べてくれる人はいるだろうし、また素敵な曲ができたときには舞台に帰ってきて欲しいです。とにかくいまはゆっくり体を休めて、幸せな人生を送って欲しいと心から思います。

top↑

コメントの投稿

secret