ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのよんじゅう

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
著者:桜庭一樹
3 人の女性が生きた各時代、特に祖母・万葉と母・毛鞠が生きた昭和という時代を、ここまでいい意味で通俗的に描いた作品って読んだことがないかも。

ミステリーとしての評価は私にはできないし、「伝説」というタイトルにも偽りがあるとまでは言わないものの、期待したような「伝説」は読み取れませんでしたが、ライトな昭和史として読んだら結構面白かったです。

夜の終焉(上) (中公文庫)夜の終焉(上) (中公文庫)夜の終焉(下) (中公文庫)
夜の終焉(下) (中公文庫)
著者:堂場瞬一
帯に犯罪被害者家族と加害者家族云々という文字が大きく書かれていたので、その手の話に対するありがちなイメージを抱きつつ読み始めたのですが、面白かったです。

いや「面白い」話ではないのですが、単純な加害者(家族)と被害者(家族)の物語ではなく、心情的に加害者と被害者の立場が逆転していて、それに否応なく残された家族やその周囲の人間も巻き込まれ、そしてそれを 20 年近く経った現在でも引きずり続けている。その「捩れ」が視点としてちょっと目新しくて面白かったです。読み応えありました。

Another(上) (角川文庫)Another(下) (角川文庫)Another(上) (角川文庫)
Another(下) (角川文庫)
著者:綾辻行人
前半から中盤にかけてはジュブナイルホラー風味で、綾辻さんにしては簡潔な描写で主人公が「なんで?どうして?」と悩んだり考えたりするだけなのでちょっと退屈なのですが、あらかた明らかになって以降、終盤の活劇(笑)はまさに怒涛の展開です。血肉こそ飛び散ってないものの、思わず殺人鬼シリーズを読んでるのかと思ったぐらい(笑。

ていうか、綾辻さんが何を描きたかったんだと思う?と聞かれたら、「クーデレ眼帯少女」と即答するしかないんだけど(笑。「眼帯少女」というアイテムからこれだけの話を作ったってのは評価に値すると思います。

読書メーター

top↑

コメントの投稿

secret