ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのさんじゅうなな

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)
著者:誉田哲也
対照的なふたりの女性警察官が主人公なのですが、どっちもありえねー感情移入できねー(笑。捜査や訓練活動はほとんどアクション。警察では絶対であろう階級も無視。それぞれプチロマンスあり。犯人はサイコ。

次の事件への展開が偶然に頼りすぎだとは思いますが、構造は結構凝ってます。犯人のプロフィールもなかなか興味深く、警察小説・犯罪小説として面白くなる要素はあるんだけど、重心が事件ではなくふたりの女性警察官を描くことにあるので、事件自体はお手軽に書かれてるのが残念。これでヒロインが魅力的ならいいんだけどなぁ。

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)
ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)
著者:誉田哲也
最初の 1 冊を読んだ時はここまで壮大な話になるとは想像してませんでしたが、結局三部作として完結。

ⅡがまさかⅢへの繋ぎだとは思ってなくて、騙されたー!と思ったもんですが、Ⅲを読み終わってすごく満足できました。できればもうちょっとサバイバル的な描写があれば良かったなと思うけど、それは欲張りということで。

ジウが何を伝えたかったのか、美咲の想像でしかないけど、それが明らかにされた瞬間はちょっと込み上げるものがありました。そしてそれを語った相手が最初の事件の被害者である利憲くんだってのがまた小憎たらしいナイス演出。

ハング (中公文庫)ハング (中公文庫)
著者:誉田哲也
人死にすぎ。嫌いじゃないけど。キッカケというか発端となった事件はニュースで流れても次の日には忘れてしまいそうなものなのですが、そこから日本中を動かす事件に発展する展開力はさすが誉田さんという感じ。

主人公の相棒にあたる人物の設定というか能力がちょっと都合よすぎだなとは思うものの、徐々に事件の背後にあるものが見えてくる流れはテンポよくて引き込まれました。しかし最後の最後で明かされる黒幕の目的があまりにも現実的すぎて一気に目が覚めました。いきなり空気が変わったという意味で。

読書メーター

top↑

コメントの投稿

secret