ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのよんじゅう

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
著者:桜庭一樹
3 人の女性が生きた各時代、特に祖母・万葉と母・毛鞠が生きた昭和という時代を、ここまでいい意味で通俗的に描いた作品って読んだことがないかも。

ミステリーとしての評価は私にはできないし、「伝説」というタイトルにも偽りがあるとまでは言わないものの、期待したような「伝説」は読み取れませんでしたが、ライトな昭和史として読んだら結構面白かったです。

夜の終焉(上) (中公文庫)夜の終焉(上) (中公文庫)夜の終焉(下) (中公文庫)
夜の終焉(下) (中公文庫)
著者:堂場瞬一
帯に犯罪被害者家族と加害者家族云々という文字が大きく書かれていたので、その手の話に対するありがちなイメージを抱きつつ読み始めたのですが、面白かったです。

いや「面白い」話ではないのですが、単純な加害者(家族)と被害者(家族)の物語ではなく、心情的に加害者と被害者の立場が逆転していて、それに否応なく残された家族やその周囲の人間も巻き込まれ、そしてそれを 20 年近く経った現在でも引きずり続けている。その「捩れ」が視点としてちょっと目新しくて面白かったです。読み応えありました。

Another(上) (角川文庫)Another(下) (角川文庫)Another(上) (角川文庫)
Another(下) (角川文庫)
著者:綾辻行人
前半から中盤にかけてはジュブナイルホラー風味で、綾辻さんにしては簡潔な描写で主人公が「なんで?どうして?」と悩んだり考えたりするだけなのでちょっと退屈なのですが、あらかた明らかになって以降、終盤の活劇(笑)はまさに怒涛の展開です。血肉こそ飛び散ってないものの、思わず殺人鬼シリーズを読んでるのかと思ったぐらい(笑。

ていうか、綾辻さんが何を描きたかったんだと思う?と聞かれたら、「クーデレ眼帯少女」と即答するしかないんだけど(笑。「眼帯少女」というアイテムからこれだけの話を作ったってのは評価に値すると思います。

読書メーター

top↑

ダ・ヴィンチちゃん



さいこうかっこいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!
あまりにも男前すぎて息止まりました。

まさかまさか 6 人揃って雑誌の表紙を飾る(しかも黒スーツ!!!!!!)なんて日が来るとは思ってなかったので、これはさすがに目頭を熱くせずにはいられない。発売当日のメンタル具合によっては、現物を手にした瞬間本気で泣いてしまうかもしれない。

…と表紙が公開されていざネットで予約!と軒並みまわってみたけど何処も在庫なし。発売日に本屋さんで買うしかないと仕事終わりに本屋さんへ直行したんですが、売り切れ売り切れ…。この世の終わりみたいな顔してフラッと立ち寄ったヴィレッジヴァンガードに 1 冊だけ置いてありましたヤッターーーー!!!^ω^

何と言うか、キャスト全員で敢えて「調子乗ってる感」を出して、良いこと悪いこと言われてやれ!知るか!!というような、おそ松さんという作品、このキャリア・年代のキャストたちだからこそ完成した奇跡って感じがする。みゆくんとゆうきゃんなんて、笑いこらえてるように見えてしまうし(笑。どう考えてもふざけてるよね、この空間…。そして、

やっぱ神谷浩史と福山潤だよな!!!!!!!!!!!!!!!!!

これに尽きる。

このふたりが一緒に表紙を飾ること自体珍しいのに、黒スーツで肩に手をかけてるだなんて、まさに奇跡!まさにミラクル!!この表紙だけで、わたし半年は生きられます。

中のグラビアもどれも素敵だし、キャストの対談も満足度高し。お互いがお互いを信頼しあいながら、楽しくアフレコしているというのが伝わってきたし、6 人が思う「アニメ」の在り方や、お薦めの本も知れてよかった。ゆうきゃんがサンタフェなの、ホント中村悠一…って感じ(笑。外さないな、あなたは。

「おそ松さん」特集番外編【ダ・ヴィンチ 2017 年 11 月号】
『おそ松さん』声優 6 人の表紙号が完売 「又吉直樹」特集以来の重版決定
「ありがとう」… それしか言う言葉がみつからない…。

top↑

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!@LV



アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ、君に会えてよかった…。

デレステはみんな個性があって、衣装が可愛い、曲も悪くない、3D モデルは言わずもがな。難易度もちょうどいい。CM にはスーパースターを起用するし、提供されるコンテンツのクオリティや更新の早さ・頻度から、作っている側の「このコンテンツを良くしよう」という気持ちを感じるから、安心して身を任せられるのだ…。

ということで、デレステ 2 周年おめでとうございました!
これからもよろしく頼みますよ!!

『アイマス シンデレラガールズ』 5th ツアー締めくくりの SSA 初日は出し惜しみなしのフルスロットル!
5 月の宮城公演を皮切りに、全国 6 ヶ所をまわったシンデレラの 5th ライブツアー。8 月に行われたさいたまスーパーアリーナ公演の 1 日目、地元の映画館からライブビューイングで参加しました。

top↑