ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ANTENNA

BACK NUMBER

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

夏だ!祭りだ!銀魂だ!

映画『銀魂』観てきました。



いやもう、最高でした。よかった。友達と予定が合ったのがたまたま初日だったので「初日に観に行くとかすごく楽しみにしてたみたいじゃん…(楽しみだったけど)」とちょっと恥ずかしがりつつも、初日に観れてよかった。実写化バンザイ。

銀魂ファンの銀魂ファンによる銀魂ファンのための映画です。みんな銀魂の世界を重々理解し、魅力を知り尽くしていて、だからこそ味わえる一体感みたいなものが場内に満ち満ちていて。銀魂のキャラクターや世界観って、すごく愛されてるんだなぁ、そして自分も銀魂を愛してるなぁ、幸せだなぁ、と強く感じました。

キャスティングも違和感なし。みんな清々しいほどの再現度で「っぽい」の。演技の方も原作(アニメ)のキャラに寄せようと頑張ってるのが伝わってきました。特に沖田が三次元になっても非常に美しくてね…。吉沢亮さん、仮面ライダーフォーゼの頃から美しかったけど、沖田はもう、本当に好きだ~~~って思いました。

実写化が決まったときにエリザベスは絶対山田に演って欲しいと思ってたから(スネ毛を活かす的な意味で)、感謝しかありません。と言っても声だけなのでスネ毛全く関係ないんだけど(笑。定春もおめめくりくりふわっふわでキュートでした。動くと CG 感丸出しだけど。

シリアスになると途端にテンポが悪くなるというか冗長に感じる部分もあったけど、殺陣やアクション頑張ってたし、懸念してた CG も、まぁ見られるレベル。天人が明らかに着ぐるみレベルだったのはどうかなって感じですが。このチープさが銀魂らしいといえばらしいんですけど、映画なんだからもうちょっと頑張ってもよかったかな、と。

向こうが狙った場面でちゃんと客が揃って笑えるかってのも重要だと思うんですが、みんなゲラゲラワッハッハしてました。無駄に叫んだりわざとらしい動きに「お、おう…」となる瞬間もあったけどそれはしょうがない。ギャグパートはアニメには勝てないよ。

新八と武市のやりとりが面白くて可愛くてやばかったけど、それを隣で見てたまた子が我慢できず後ろ向いて笑ってたのでもうダメ。ちなみにムロツヨシ贔屓なので源外のシーンが一番笑いました。佐藤二朗とムロツヨシはただの佐藤二朗とムロツヨシなんだけど、それでいい。正解。

原作を多少改変してますが、ちゃんと銀魂を見た気分になれたからかなり満足。銀魂が好きならこの映画は観に行った方がいい。この映画が観る者に伝えたいことは「キャラクターへの愛、銀魂への愛」そのものだと思うから。

top↑

読書記録 そのさんじゅうきゅう



この 3 人、全員セブンティーン。な、菜々さんは永遠の 17 歳ですからー!

武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)
著者:誉田哲也
主人公である対照的なふたりの女子高生はかなりデフォルメされていて、どちらかと言えば劇画調なので、純粋な意味で共感できる部分は少ないし、一見(一読)するとおちゃらけてるっぽいんだけど、友達関係だったり師弟関係だったり親子の関係だったり夫婦の関係だったり、いろんなパターンの人と人との繋がりが軽いタッチで描かれている。

剣道をモチーフにしてるだけあって性根が曲がった人はひとりも出てこなくて、みんな等身大に不器用で、なんだかちょっとほんわかしたような気分になれる本でした。

武士道セブンティーン (文春文庫)武士道セブンティーン (文春文庫)
著者:誉田哲也
身近で切磋琢磨し合ってたふたりが、遠く離れてもお互いの存在を常に感じながら想いながら成長する姿は眩しいほどなのですが、それはもはや絶対手に入れることができない輝きなわけで、日々の雑事に追われて擦り切れた心と身体で読むには真っ直ぐすぎてちょっと重い。そんな風に自分に置き換えて読まなければ気軽に読めるし、ふたりの成長を最後まで見守ってあげたい気分にはなるんですけどね。

最近それこそ 17 歳ぐらいの時に戻りたいと思う瞬間が多すぎる…。
歳をとるとはこういうことか…ってこれもう本の感想じゃなくなってる。

読書メーター

top↑

キュート・キューティ・キューティクル♪



『Yes! Party Time!!』 が好きすぎる。あと 2000 万回は見たい。

シンデレラガールズ、俄然応援しております。アニメも全話見ました。薄い本も買いました。デレステで遊んで、アニメを見ているうちにそれぞれの個体差がわかるようになり、いまでは好きなアイドルもたくさん増えました。来月の 5th ライブの LV のチケットも申し込んでみました。これはもう完全にファンの域。



デレステで 3 ヶ月に一度のシンデレラフェスが先月末~今月初めにかけて開催されました。魅力的な限定アイドルに目もくれず、たったひとりのあの子のためにコツコツコツコツ貯め続けたジュエルを大放出する日!今回もいってみよう!('ω'人)

top↑

HURRY UP MODE

わたくし、いま立ち上がれないくらい凹んでいます。

SMAP のポスター当たったよイエーイ☆からのスマステ終わらないでー…って書いたあとで SMAP から 3 人があの事務所から旅立つことが正式に決まって…。まぁこの件に関しては落ち着きました。と言うか、ホッとしています。むしろとっとと脱出して自由に活動して欲しい。ただその「自由」が叶うのかが問題。

で、凹んでるのはそこじゃなくて。職場に全看護師が見習うべき女神のような人がいて、私がこれまでこの職場で頑張ってこれたのはこの人がいたからこそ、まさに心の支えだったんです。そんな人が 6 月いっぱいで退職してしまって女神ロスがひどい。

これまでいろんな場所でいろんな人と仕事をしてきて、その数だけ出会いと別れがありました。それでもたったひとりの先輩がいなくなっただけでここまで心がしんどくて吐きそうになったのは初めてです。はぁ辛い。でも勤務最後の日に LINE 交換したんですよ。女神のおうちにお邪魔する約束もしました。ふふふ(*`ω´*)

自分を元気づけるために、大好きな曲を聴きます。



私が中学生時代に V 系にハマったのは何度か書いてきましたが、中 2 の頃かな?BUCK-TICK のアルバム『殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits』 を買いました。これが初めて買った B-T のアルバム。

初期の代表曲が網羅されているのでいまでもよく聴きます。特に『...IN HEAVEN... 』から間髪入れずにつながる 『MOON LIGHT』 のイントロが本当に心地よい。それがそのままライブで披露されているのがこの動画なのですが、これ現場にいたら失神する自信ある。嬉し過ぎて。

30 周年おめでとうございます。余談ですが、あっちゃんと山田孝之って似てない?

殺シノ調ベ (デジタル・リマスター盤)殺シノ調ベ (デジタル・リマスター盤)
櫻井敦司 BUCK-TICK

by G-Tools

top↑