ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ANTENNA

BACK NUMBER

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのさんじゅうなな

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)
著者:誉田哲也
対照的なふたりの女性警察官が主人公なのですが、どっちもありえねー感情移入できねー(笑。捜査や訓練活動はほとんどアクション。警察では絶対であろう階級も無視。それぞれプチロマンスあり。犯人はサイコ。

次の事件への展開が偶然に頼りすぎだとは思いますが、構造は結構凝ってます。犯人のプロフィールもなかなか興味深く、警察小説・犯罪小説として面白くなる要素はあるんだけど、重心が事件ではなくふたりの女性警察官を描くことにあるので、事件自体はお手軽に書かれてるのが残念。これでヒロインが魅力的ならいいんだけどなぁ。

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)
ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)
著者:誉田哲也
最初の 1 冊を読んだ時はここまで壮大な話になるとは想像してませんでしたが、結局三部作として完結。

ⅡがまさかⅢへの繋ぎだとは思ってなくて、騙されたー!と思ったもんですが、Ⅲを読み終わってすごく満足できました。できればもうちょっとサバイバル的な描写があれば良かったなと思うけど、それは欲張りということで。

ジウが何を伝えたかったのか、美咲の想像でしかないけど、それが明らかにされた瞬間はちょっと込み上げるものがありました。そしてそれを語った相手が最初の事件の被害者である利憲くんだってのがまた小憎たらしいナイス演出。

ハング (中公文庫)ハング (中公文庫)
著者:誉田哲也
人死にすぎ。嫌いじゃないけど。キッカケというか発端となった事件はニュースで流れても次の日には忘れてしまいそうなものなのですが、そこから日本中を動かす事件に発展する展開力はさすが誉田さんという感じ。

主人公の相棒にあたる人物の設定というか能力がちょっと都合よすぎだなとは思うものの、徐々に事件の背後にあるものが見えてくる流れはテンポよくて引き込まれました。しかし最後の最後で明かされる黒幕の目的があまりにも現実的すぎて一気に目が覚めました。いきなり空気が変わったという意味で。

読書メーター

top↑

夜は短し歩けよ乙女

金曜日に気だるくて、「もしや風邪なのでは?」と思い始めたら鼻水が止まらなくなって鼻づまりもひどくて「間違いなく風邪だわー」と確信したんですけど、時期が時期だし花粉症なのでは…?とも思い。

私は花粉症じゃないのでよく人から羨ましがられますが、花粉症ってある日突然やってくるというじゃないですか。私も花粉症になっちゃった!?やだーと泣きそうだったんですが、昨日喉の痛みに加え熱もあったので花粉症ではなく風邪という結論に達しました。よかった…。いや風邪でもだるいことに変わりはないのでよくないんですけども!

星野源、花澤香菜、神谷浩史らが登壇『夜は短し歩けよ乙女』完成披露上映会レポ
芸能関係は SMAP のことしか考えられない日々が続いているので(もう 3 月だぞ?)、傷物語も観に行ってないし神谷さんのラジオも聞いてません。先月出た神谷さんの新曲もスルーだし、黒バス映画の初日は休み取るぞ~!って意気込んでたのにすっかり忘れて仕事なので、舞台挨拶も見に行けません。

「神谷さんにワーキャーしてないあんたなんてあんたじゃない!」と友達に言われましたが、私もそう思います。いや、変わらず好きなんですけどね!?黒バスの映画は楽しみですし、EXPO の BD と DGS のアルバムもちゃんと予約しました。中でも一番ワクワクしてたのが、『夜は短し歩けよ乙女』の上映会。

星野源さんと並ぶ神谷さんが現実のものに…!ありがてぇありがてぇ…。何かと共通点の多いふたりですが、体格もほぼ同じなんですね。源さんと並び立って笑い合う姿、ガッキーに負けてないスマイルだよ、神谷さん…(盲目にも程がある発言)。



翌日、多くのワイドショーでも取り上げられていました。神谷さん的に一番扱いがよかったのは ZIP かなー。というか、テレビもネットのニュース記事も大量でチェックするの大変。書かれてることはどれも似たようなもんなんだけど(笑。いまをときめく星野源パワー凄まじい。

原作も面白かったし、ちょう期待しています。個人的に最近の CV 神谷さんは映画作品がアツいし、女の子の声で歌う神谷さんか…ぐふふ(*`ω´*)

top↑