ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ANTENNA

BACK NUMBER

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

コードギアス 反逆のルルーシュ キセキのアニバーサリー@LV



「コードギアス」 10 周年を福山潤らが祝福「これから先の 10 年も愛して」
はぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

ギアス新作だって!?主人公ルルーシュだって!?!?!
復活のルルーシュだって~~~~~~~~~~!!!!

幻~~~~~~~~~~~!?!?!? (IKKO さん)

私もキセキのアニバーサリー、参加してきました。ライブビューイングでですが。

10 周年という記念すべき年に、ギアスのイベントがある。
その時点で、もしかしたら、もしかしたらと思ってたよ。

でもルルーシュの物語はきれいに完結したし、続編作られても素直に喜べるかなって不安もあって。ひとりであたふたしてたら何事もなくふんわりとイベント終わって。何もなしか。まぁホントに続編来たら私の魂 fly away だな、って思ってたよ。

イベント終了と思われたところで、ステージ上にはゼロの姿が。「魔神の復活…… 10 年の時を待った者たちよ、聞け!」とゼロが発し、スクリーンにて特報映像を上映。

あの特報だけで 2 回召しましたけど。最後にバーンと『復活のルルーシュ』って出てエクトプラズム出ましたけど。三途の川すごい速さで二往復しましたけど。もう震えたわ!おかげで全く映像の内容記憶にないわ!

これ本編見たらどうなっちゃうの…?
反復横跳びみたいな速さで三途の川タッチしてく感じになるのでは??

top↑

読書記録 そのさんじゅうよん

6TEEN (新潮文庫)6TEEN (新潮文庫)
著者:石田衣良
前作にあたる 『4TEEN』 は結構感動しながら読んだ記憶があるのですが、今作はイマイチ…ていうかもうこの人こっち方面は出がらしどころか搾りかすしか残ってないって感じがします。

何を書いても IWGP のようでありながら当然あの圧倒的なグルーヴはなくて、しかもはっきり言って中年男になった石田衣良の「現在(と書いてリアルと読む)」の切り取り方が気持ち悪い。この人の物語は「石田衣良」が出すぎなの。読みながら常に「時代に敏感で若者の気持ちがわかる俺」に酔ってる石田衣良がチラつくのです。それが非常に気持ちが悪い。

ビッチマグネットビッチマグネット
著者:舞城王太郎
「ビッチマグネット」って何だろう?と思ったけど、まんまでした(笑。

舞城さんはやっぱすげーや。一般向けでありながらも隅から隅まで舞城王太郎だもん。スピード感や残虐描写、そしてエロこそ少ない(物足りない)ものの、しっかり舞城王太郎が詰まってました。最後の一行ってか一言とか震えたもんね。それでいてやっぱりちゃんと一般向けなの。

ちなみに私の中の一般向けとは「その人が本来持っている溢れる個性をちょっぴり抑え目にし、ファン以外の人でも読めるように内容や文体を読みやすくしたもの」という定義です。あー面白かった。幸せ。

空色メモリ空色メモリ
著者:越谷オサム
あー、やっぱりこの人大好きです。ヘンな言い方だけど、肌が合う(笑!

内容は冴えない男子高校生の目線で語られるごくごく平凡な高校生活+最後にちょっとしたアクションがあるというものなのですが、そのごくごく平凡な高校生活が懐かしいというよりも愛おしいのです。平凡な高校生たちが可愛くて仕方がないのです。

越谷さんの本っていつもそう。とにかく登場人物がみんな愛おしく、そして瑞々しいのです。私の中の「越谷オサムにハズレなし!」説は引き続き、継続されることとなりました。

読書メーター

top↑

Let's go on a short trip.



学校帰りに黒子のバスケ キャラポップストアに寄ってきました。近鉄パッセ、5 億年ぶりくらいに来た。グッズが売ってたり、ミニゲームに挑戦すると景品がもらえたり。

ちょっと見てくださいよ。黄瀬くんが!!メガネなの!!この黄瀬くん見たときは部屋でトリプルアクセルしたよね。カッコいいよ可愛いよ~~~!!!お店にいたパネルの黄瀬くんはそれはそれは素敵でした。記念にクリアファイルと黄瀬くんと黒子くんのアクリルスタンドを買いました(´v`)



イベント KUROBAS CUP2013 の DVD を鑑賞しました。楽しすぎてやばかった。

いまをときめく男性声優が次々登場するイベントですが、とにかく斎藤千和が可愛すぎました。私がこれまで見てきた斎藤千和の中で最も可愛い斎藤千和がこの中にいました。

男性陣に「夏ガール」と呼ばれたショートパンツ姿も可愛いし、「女性のお客さんばかりだし、出た瞬間にカエレー!(ドス声)って言われたらどうしようかと思ったけど、みんな暖かくて大好きです」と語る姿が面白くて(笑、そして嬉しそうで!後輩たちをまとめあげる良き先輩な姿がカントクそのもので、最後にはカントクと同じポーズでお茶目に決めて!千和さんのカントク大好き!!

良平さんの口から黄瀬くんの声が出てくることに大層感激し、おのでぃと達央さんがキャッキャしてるのにホッコリモッコリし、剛さんのずんぐりむっくり感にものすごく安心し(笑、そして一番素敵なのは諏訪部さんだなとしみじみ思いました。

top↑