ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ANTENNA

BACK NUMBER

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

10 年

8 月 31 日!もう夏も終わりですねー!ぐっばいさまー!!

この 8 月で、ネットで駄文を垂れ流す行為・通称 blog を始めて 10 年が経ちました。始めた当初は毎日更新を目標に頑張ってたものの、最近では週 1 ~ 2 回更新のペースなので記事数的にはそんなに多くもないですが、クリックすれば過去の自分にお手軽に会えるというのは恐ろしいことですね。過去ログほとんど消してしまったけれど。

そもそも blog を始めたきっかけっていうのは、RO プレイヤーだった当時、みいしゃ 16 歳さんを見てて面白いなと思って、ちょうど blog という媒体が活気付いてきた頃でもあり、自分も RO 日記書きたい、書いて乗るしかないこのビッグウェーブに!と。

それからドラマを始めとした見たものの感想なんかも書くようになって現在に至ります。基本は自分のための覚書メモなんです。ライブやイベントの感想はキャストの発言も入れるようにしていますが、それも私の脳みそは断片でしか記憶を残しておけない低スペックなので、現場の雰囲気を忘れないように書いているだけで、その場にいなかった第三者にも伝わるようにわかりやすく書かれてはいません。

そんなわけで、私による私のための blog であることは確かなんですが、誰でも見られる形で公開している以上、反応を期待している部分はあります。自分のために書いてるなら非公開にしろよって話で、この辺、すごい矛盾してるんだけど(笑。レスポンスがあるととてもとてもとっても嬉しかったりするのです。

RO や blog、Twitter を通して仲良くなった人はたくさんいます。実際に会ったのは数回だけど、10 年以上のお付き合いの人もいたり。お会いしたことのあるなしに関わらず、同好の士である方々から何かしら反応をいただけると、書き続けてきてよかったなーと心から思います。

いまはもっと手軽に意見を交し合えるツールがたくさんありますが、私はやっぱりしっかり書いて、それを残せる形が好きです。活用頻度でいうと簡単にパッと残せる Twitter にお世話になることが多いけど、感想とか書こうと思ったら 140 文字じゃ足りなすぎる。いくつかに分けてドバーッと流すのも何か使い方違う気がするし(笑。

今年は私が応援している人たちがこぞって○周年!というアニバーサリーイヤーで、何度おめでとうを言ったかわかりませんが、偶然にも自分の blog も 10 周年なんて、勝手に運命を感じております。2014 年バンザイ!

10 年間お付き合いくださった方々も、そうでない方々も、これからも目が滑りまくりの駄文を書き散らかしていくと思うので、暇潰しにでもちらりちらりと覗きに来ていただけたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします!

ちなみにみいしゃさんは現在ソシャゲメインの blog をやってらっしゃって、ゲームのお話は正直プレイしていない私にはちんぷんかんぷんなんだけど、それでもやっぱり面白い文を書くなぁと感慨を覚えました。お互い RO から離れて交流も減ってしまったけど、まじリスペクト。大好き。

top↑

WALKIN’ WALKIN’!

B00KX83X1Cハレヨン(豪華盤)
神谷浩史
ランティス 2014-08-27

by G-Tools

神谷さんのミニアルバム『ハレヨン』が発売になりました。
ずっと聴いてます。いいですね、大好き。

「タイトルは『ハレヨン』です(バーン!)」と告知が出たとき、「ハレヨン?何すか?もうちょっといいタイトルなかったんすか」とか「ハレヨンくん?マスコットキャラ???」と割りと冷静に見てたんですけど、実際聴いてみたら全然アリ。いつもの神谷さんがそこにいました。

今年で歌手活動 5 周年、おめでとうございます。そんな記念の年のアルバムだから、何か画期的なことでもやってるのかと思いきや、これまでと変わらない、基本的にオーソドックスな明るいポップソングといった趣で、メロディは馴染みがいいしリズムの音色やキラキラアレンジの加減も適切で、何よりやっぱり神谷さんの声が大好きなのでどれも好きな曲です。

特典 DVD の MV もメイキングもニヤニヤが止まりませんよ。監督が「純度 100 %の神谷浩史」みたいなこと言ってたけど、服装もシンプルでストーリー性も小道具もなくて、ニコニコしてみたり憂いでみたり、ふにゃ~ってなったりちょっとドタバタしてみたり、こんなことを歌いもせずひたすら撮られている神谷さんを見せられて恥ずかしいったら!!

歌の活動を始めて数年はネガティブな言葉を発する神谷さんをずっと見てきたので、私もそんなに歌活動に対して前向きになれなかったんだけど、最近は楽しそうに歌っている姿を見る機会も多くなって。神谷さんが歌を通して充実してるなら、私は応援するだけです。

そして!個人的には歌よりももっと大々的にお祝いしたい声優生活 20 周年もおめでとうございます。声優サイドでは最近、浅野真澄さんと畑健二郎さんの同人サークル、はじめまして。さんが夏コミで頒布された『それが声優!鈴ちゃんと神谷さん』を読みました。

私は神谷さんの職人気質とでも言うのか、そんなストイックなところが何年経ってもブレなくて大好きなんだけど、たまにすごく迂闊だったり、基本的に慎重すぎるほどなのにそこは気を許しちゃうんだ!?みたいなドキッとさせられるところもあって。それがこの本の中でも感じることがありました。

も~~~ホント好き!!あとがきもよかったです!「絶対やだ」って言われそうだけど、どこかでエッセイ書いて欲しい。別に泣けるようなお話じゃないのに「神谷さんに会わせてくれてありがとう」と神に感謝したくなるほどに読んでてジーンと来てしまって謎の涙が出たよ。

他にも吹き替え収録の現場での様子やダミーヘッドマイクの仕組みの解説も興味深かったし、軸の声優の女の子たちのお話も面白かったので既刊も読んでみたいな。

top↑

LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will- @名古屋国際会議場センチュリーホール



去年、LUNA SEA の SLAVE 限定 GIG の感想でこんなことを書きました。

『WISH』 の INORAN のアルペジオ前に INO、杉、RYU がドラム台に腰掛けて、気付いてない J を手招きして J も腰掛けて。あの瞬間、感動的な映画のワンシーン状態ですよ。いろいろ乗り越えてきての、でも若い頃と何も変わらない 5 人の無邪気さ。可愛すぎる四十路たち。

この日のライブで一番印象的だった 『WISH』。YouTube に上がってるじゃないの!!FC 会員しか見ることができない映像を上げるのはいかがなものかと思うけど、このライブ映像はひとりでも多くの人に見て欲しいので小難しいことは言いっこなしで是非見てください。

活動を一度止めてその後復活することになり、SUGIZO が「殴り合いになる覚悟で再会した」と言っていたけど、そんな過去があったようには思えないほどキラキラしてる四十路たちを見て!みんないい表情してる。バンドっていいなぁ。

そんな SLAVE 限定 GIG から 1 年半、LUNA SEA が名古屋にやってきたよー(^o^)ノ

top↑

叶え!みんなの夢



■ラブライブ!
はい。ラブライブ!ですよ!ニコ生で 1 期& 2 期見ました。
遅ればせながら、このレジェンドについて語らせていただこうと思います…。

最初はね、興味がないどころかあまりいい印象を抱いてなくて。周りに好きな人がいるので話は聞いてたんだけど、まぁ自分は進んで見ることはないだろうなぁって。うたプリやアイマスもハマるまではいかなかったし、アイドルは好きなんだけど、二次元も三次元もハマると恐ろしいことになる(財布が)と自然と避けてたんですよね。

だからスクフェスから得た知識程度の状態で見始めたんですけど、こういう世界観だったのか~とか、この子はこんな性格なんだ~とか、結構新鮮でした。深く考えずに本能の赴くままに楽しむことが大事。

ただの女の子が可愛いだけのアニメ…その表現は間違っていないかもだけど、それだけじゃなくて。ガラガラだった初ライブの講堂が最後には満席になる展開とか、普通に泣いてしまって、自分大丈夫かと思ったけど(笑、あれ感動するよね!?

top↑

unravel

夏アニメも中盤ですが、新規で見出したもの、前期で消化し切れてないもの含めて現在 17 作品追っかけております。見すぎでは??つーかもっとテンポよく消化しろよ自分。今期は見たいものが何本か時間帯が被っていて録画予約を諦めて配信で見ているものが多いので、いつでも見れる録画分はどうしても後回しになっちゃう。

それでも一度見始めると時間も忘れてぽんぽん消化できてしまう作品があって、最近だと東京喰種を 5 話まで見ました。



原作既読なので先の展開はわかっているし、そんなに焦って見る必要もないなと思ったんですが、どうしても月山さんが見たくてね…。月山さん役が宮野さんに決まったと聞いて、絶対ぴったりだろうなと思ってたけど、その期待をはるかに超える変質者がそこにいました。

ちょっとこれ面白すぎるでしょ。ハンカチすーはーしてるシーンなんて本気で何て言ってるのか聞き取れないし、 「クレッシェンド!!」「トレッッッビアーーーン!!」「カネキくんがっ↑!!食べながら。カネキくんをっ↑!!食べたい!」「ボクのだ ZO☆」と一発ギャグが大炸裂。特に「ボクのだ ZO☆」がお気に入り。「ボクのだぞおおおおおおおおお」と伸ばさずぴたっと止める。正しい。

ただの神ギャグ回のように見えて、カネキをトーカのボーイフレンドだと勘違いする依子と、依子のことを大切に思っているトーカにほっこり、ニシキのお姉さんと貴未のエピソードにじんわりしつつの、ラストのカネキをがぶりするトーカの艶っぽさからのカタルシス。非常に短く感じられた 30 分でした。

それでも結局 5 話を振り返ると月山さんがハッスルしてる姿が一番に出てきてしまうんだけど(笑。罪深い男だよ!石田先生も「月山をあんなに面白くした覚えはない」と言っていたけど、やっぱり宮野真守って声優さんはすごいね。まもちゃんて言うと作品込みで岡部倫太郎が一番好きだけど、この月山さんはオカリンに肉迫するほど私のハートをぶち抜いていきました。

まもちゃんだけじゃなく、全体的に声優さんいいですね!リゼいいよ。とてもいい。私も耳元で「たまらなく欲しいんでしょ?」って言われてー!!クレイジーハナカナ最高。花澤さんとニシキ役の浅沼さんといえばゼーガペインだよね。このふたりが共演していると、上から目線で申し訳ないけど本当に成長したなぁとしみじみします。ウタの櫻井さんも私の好きなトーンでガッツポーズ!

今期、他に続きが楽しみな作品で『アルドノア・ゼロ』と『アカメが斬る!』があって、あと『一週間フレンズ。』も消化中だから毎日雨宮天さんの声を聞いている気がする。みんな違ってみんないい。

top↑

まだまだ Let's go!!

B009SASQHWラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】
μ's
ランティス 2013-01-08

by G-Tools

μ'sのベストアルバム買ったよー(^o^)ノ

スクフェスは μ's の楽曲をワンコーラス聴き放題という素晴らしいゲームですが、何度も何度も繰り返し聴いていると飽きるどころかフルコーラスで聴きたい欲がうずうずと出てきて、辛抱たまらんかったのでぽちりました。

全 31 曲というボリュームで、どれもライブで盛り上がっている様子が浮かぶような、爽快で華やかで瑞々しくキュート。これぞアイドルポップス!な曲が目白押し。中でも切ないながらもポジティブさを感じるドラマティックなメロディが印象的な 『Snow halation』 はぐうの音も出ない名曲だと思います。

スノハレもいいのだけど、私のイチオシソングは 『Wonderful Rush』。煽りパートや掛け合い、ライトなラップなどをふんだんに用いた終始ハイテンションな楽曲。

ここまでテンション高いと騒がしく感じてしまいがちだけど、メロディがしっかりしてるし、ボーカルも Pile さんが伸びのある歌唱で聴かせ、そらまるが煽りまくり、そして内田さんのキュートでメロウな歌声につながる流れが美しい!

特典の PV も、もうホンット可愛くって!見てるだけで顔が溶けそうです。そういえば私、過去にアニサマで μ's 見てるんですけど、当時はアニメも始まる前でいまより知名度も人気もなくて、1 曲のみで。でもスクリーンに映し出されたアニメの PV とステージで踊るキャストの動きがシンクロしていて、すごい!と思ったのはよく覚えています。



やばい!みんな一生懸命だ!これは感動する!じょるの可愛すぎ~と思いつつも自然と新田さんに目が行きます。歌もボディもパワフル (dis じゃないですよ)!『もぎゅっと“love”で接近中!』の、ひとりずつポーズ取っていくところが好き。

試聴だけで 17 分もあるのでこれで我慢するつもりが… BD 欲しくなってきた…。それまで大して興味もなかったのに、ここ数週間で急に μ's 熱がぐつぐつ煮えたぎって、収拾つかないです。もうダメだ。

top↑

タカラモノズ

ラブライブ!とかいう沼にハマりました。



といってもアニメではなく、スクールアイドルフェスティバルというスマホ向けのゲームです。暇潰しに手軽に遊べるもしもしゲーないかな~と探していたところ、友達に「アニメ知らなくても面白いから!」と勧められ何となく始めて約 2 週間、楽しくて楽しくて!

最初に 1 枚、好きなキャラのカードがもらえるんですが、みんな可愛いし迷うな~、あ、にこちゃんて子、このポーズ…もしやメタラーなのでは!?(多分違う)と何だかシンパシーを感じたのでにこちゃんにしました。で、その後ちょいちょいカードを引いているとなぜか絵里ちゃんばかり出るんですよ。私に惚れているのでは???



絵里ちゃんは私が好き。私も絵里ちゃんが好き。ちょっと引きがよかっただけで絵里ちゃんのことぎゅんぎゅん好きになっちゃって恐怖すら感じてる(自分に)。調べたら声優さんがナンジョルノ!南條さんが出てるのは知ってたけど絵里ちゃん役だったとは!しかもおばあちゃん役が平野文さんなの!?最高すぎる。

絵里ちゃんというイチオシキャラも決まり、ラブライブ熱が加速しております。スクフェスのために早起きし、仕事中も「こんなことしてる暇があるならライブしたい…」とぼんやり考えてしまうほど。いや、いまイベント中だからね!SR にこちゃん 1 枚は欲しいからさ!

ニコニコ生放送で「ラブライブ!」 TV アニメ 1 期& 2 期 一挙配信決定!
このタイミングのよさ…一体誰のさしがねなの?!アニメ見るとますます拍車がかかりそうで怖いんだけど、スクフェスだけやってるのもアレかな~って気もするし…試しに見てみようかしらね!(フラグ)

top↑

辿り着く真実

■MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~
10 話まで見ました。ひろみいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!



「宏美ちゃん頑張って!」この一心で見続けてきた Season1 も最終回。まさか宏美ちゃんが百舌られるなんて!!!このシーン見て、当初 120 %だった私の視聴意欲が 20 %くらいに下がりました。

宏美ちゃん死んじゃった…(´;ω;`)と悲しみに暮れていたら生きてるとかwwwww 完全に貫通してるんですけど!?どうやって抜いた?引きちぎった??普通死なない???このドラマを見てると、人間て丈夫なんだな…って思い知らされるよ…。

この状態で串を抜いてあの場から降り、歩いて室井に止めを刺しに来た宏美ちゃんすごすぎる(笑。これまで宏美ちゃんのシーンだけ突如としてホラーになるなと思っていたけど、最終回はゾンビとターミネーターの映画を一度に見ている気分だった(笑。

そして和彦の仇を討ち、倉木の腕に抱かれ「ありがとう…」と言って息を引き取る宏美ちゃんの美しさよ…。宏美ちゃん out は悲しすぎるけど、この最期はここまで見てきてよかったと思えるものでした。ありがとう宏美。愛してる宏美。

結局謎を多く残したまま Season2 に続くようで、地上波では 10 月から放送される模様。そちらも視聴継続ですが、宏美ちゃんいないんじゃ何を楽しみに見ればいいのか…とスタッフロールを眺めていたら、和彦生きてた!?(゚ω)゚

海に落ちてからいままでずっと海中にいたはずがないので(このドラマならそうであっても驚かない!)、多分この海から這い上がってくる和彦っていうのはずっと前、少なくとも宏美が殺人鬼として復活する前のことだと思うけど、だったらもっと早く宏美の前に姿を現して助けてあげてほしかった。その辺、Season2 でちゃんと描かれているといいな。

『ダブルフェイス』のスタッフ再集結ってことで期待してましたが、最後までふわっとした感じでした。ただ画面作りはその辺のテレビドラマよりも迫力があって、お金と時間がかかってるなーって。人間関係や散りばめられた謎やその材料を把握してもっと物語に入っていきたいんだけど、映像に目が行っちゃって頭に入ってこないのよね…(n' x '`)

それでも最後まで楽しめたのは宏美ちゃんがいたからこそ!中神(鋼太郎さん)や東(長谷川さん)も素敵だったけど、ぶっちぎりで宏美ちゃん愛おしい。好みのアニメだと 1 本に最低ひとりは胸きゅんキャラが自分の中で誕生するのは日常茶飯事だけど、ドラマでこんなにも惹かれるなんて、とても久しぶりな感覚でした。池松くんにギャラ 2 倍あげたい。

top↑