ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ANTENNA

BACK NUMBER

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

読書記録 そのじゅういち

八号古墳に消えて (創元推理文庫)八号古墳に消えて (創元推理文庫)
著者:黒川博行
考古学界、遺跡発掘、大学教授のポスト争いを背景とする連続殺人事件、そしてダイイングメッセージの意味は!?ですよ!これを読まずしてどうする!

連続殺人ですよ。いっぱい死にます。殺害方法(トリックと言うほどではないけれども)もなるほどねぇって感じだし、強引なまでのマメちゃんの野生のカンに導かれての結末もばっちり決まっていると思います。相変わらず、黒マメコンビの会話も軽妙。今作は事件自体が難しい分、いつも以上に会話が引き立ってると感じました。ラストの黒さん、素敵です。あ~、読めてよかった。

枯葉色グッドバイ (文春文庫)枯葉色グッドバイ (文春文庫)
著者:樋口有介
「青春ミステリー」として読めば結構な出来だと思う。どっちつかずな印象ではあるけれど。関係者が重複する 2 件の殺人事件が軸で、事件そのものはミステリー的だし、警察側からの視点で物語が進んでいくせいで犯人は誰だ?って読んでしまいたくなるけれど、やっぱり樋口有介は会話が持ち味なわけで、主人公が頭がよくて美人な女性と理屈こねながらぐだぐだ話す、てのがいつもの通り真ん中にある。

事件の解決などミステリー部分に不満はあるけれど、立場の違う 3 人がそれぞれ一歩ずつ前へ進んでいく成長物語なんだと思えば、まぁいいんじゃないでしょうか。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
著者:横山秀夫
『半落ち』は私の中では短編に近いと考えているので、私にとっては横山作品初の長編です。警察が殆ど出てきません。まずそれにびっくり。てっきり墜落現場で取材する第一線の記者がメインで、それに絡んで警察の人間とか自衛隊の人間とかが出てくるものだと思い込んでいたので。

新聞社内部の権力闘争や、紙面を決定するまでのやりとりなどの件は相変わらず熱いです。叫びまくり、はみだしまくりって感じ。

ミスティック・リバー (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミスティック・リバー (ハヤカワ・ミステリ文庫)
著者:デニスルヘイン
とてもとても哀しい話だと思う。きっかけは本当に些細なことで、それがある事件を誘発し、25 年経ってどうしようもない悲劇となってしまう。ひとつも無駄なエピソードなどなく、ひとりも無駄な登場人物がいない。

それぞれの思いが物語を追うにつれて沁みてくる。話の流れ方がすごく美しいと感じました。それぞれ満遍なく徐々にキャラクターが完成されていくんです。ホントに上手い作家だなぁ。ミステリーとしてもかなり面白いです。結末に近づいてくると、きれいに張ってあった伏線に気付いて「うわぁーそれだぁ」と感動してしまったぐらいです。

読書メーター

top↑

OLDCODEX Zepp Tour 2014 -Attract the Attack- @Zepp Nagoya



OLDCODEX のライブを観に Zepp Nagoya へ行ってきました。

OLDCODEX とは声優・鈴木達央さんがボーカルを務める音楽ユニットです。達央さんといえば、Free の真琴の声の持ち主でもあります。

まこちゃんの声の人を生で見れる!声が聞ける!と大はしゃぎで行ってきた…と言いたいところですが、私は特に真琴の声も演技も好きではなく…つーかはっきり言ってしまうと達央さん本人が苦手です。好きか嫌いかと聞かれたら「好きでもないし嫌いでもないけどあんまり名前見たくない」程度に苦手です。

なんでまたそんなののライブに行ってきたんだ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たまたまです。付き合いとかタイミングとかいろいろ…たまたまです。以下は感想ですが、とりわけいいことも書いていないのでファンの方が見ても楽しめる内容ではないと思います。ご了承ください。

top↑

読書記録 そのじゅう

湘南人肉医 (角川ホラー文庫)湘南人肉医 (角川ホラー文庫)
著者:大石圭
好きな作家ではありますが、これは物足りない。美容整形外科医である主人公に魅力もないし、人肉を食するきっかけというか動機も唐突だし。といっても、人肉を愛する気持ちは伝わってくるし、ホントにおいしいのかも…と一瞬考えてしまう。

でもいいのはその部分だけで、一番重要というか盛り上がるはずの愛する人を食べるという部分を描くことから逃げてるし、結末もほっぽり投げたような感じを受けました。『呪怨』などの一般受けするものを書いた後なので感覚が鈍ってるのかなぁ。

雨の匂い (中公文庫)雨の匂い (中公文庫)
著者:樋口有介
物語はすごく淡白に進むのですが、ひとつひとつのエピソードや人物設定がちゃんとしているので、小さな山がいくつかあって、その中にちょっといいなと思う言葉があったりするのです。「思考が発酵してる」って言い方、とても好きです。

謎やミステリ的な仕掛けがある訳ではないけど、犯罪も描かれていて、しかも多分それは続くのではないかと思うところもあって、救われない。冒頭の心変わりした彼女のくだりも、単に主人公の人物造詣の一部としてのエピソードなのかと思っていたので、救われないと感じる理由にそれもあるかも。

心では重すぎる  上 文春文庫心では重すぎる    下 文春文庫心では重すぎる 上 文春文庫
心では重すぎる 下 文春文庫
著者:大沢在昌
かなり読み応えがある作品です。漫画界の裏側や SM 講義など、そこまで書く必要ないんじゃない?と思うほど細部までしっかり書き込んであります。要素も、失踪した人気漫画家、漫画家を探して欲しいと依頼する怪しげな金持ち、ヤク中にそれを犬と呼び奴隷扱いする謎の美少女、ヤクザに新興宗教、マネーロンダリングといった感じでハードボイルド臭が漂いまくってます。

日本のハードボイルド作品として、かなり高品質な作品だと思います。ただ、やっぱり大沢といえば新宿、六本木なんだよなーと。私も渋谷詳しくないけど、街の描き方はダメだと思う。

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)
著者:石田衣良
作中「なんだかストリートで頭の悪いガキがなぐりあったり、ナイフで刺しっこしていたころが遠い昔に思えた」ってマコト自身の言葉にある通り、あの最初の IWGP の高揚感ももう遠い昔なんだなぁってのが読了後すぐ感じたことです。

「いま」を書こうとしたら、肉体のぶつかり合いというか人と人との直接のつながりなんて必要ないのかもしれない。自分自身も歳とってるんだなぁ…と痛切に思ったりして。キングが全作品に登場するのは、やっぱ読者サービスですよね~。キングは何年経ってもカッコいい。

読書メーター

top↑

ハートリアライズ

TV アニメ『デュラララ!!』の新シリーズ制作が決定! 池袋にヤツらが帰ってくる!!
10 周年プロジェクト!って大々的なことをやるからには 2 期くるだろ当然だろって、いざ発表されたときに喜ぶシミュレーションも万全だったわけだけど、いやそんなにうまい話世の中転がってないよ 2 期なんて夢のまた夢だよって心の片隅で思ってた…。そして本日。Twitter 開いて 2 期の文字が見えた瞬間のキターーーーーーーーー!感ですよ(笑!

以前から私の駄文を読んでくださっている方の中にはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私デュラララ相当好きだったんですよ(笑。もー臨也さんが好きで好きで好きでね、この朗報を見て鼻の奥がツーーーーンとしちゃったもの。

1 期が放送されていた頃に Twitter も始めたので、当時の自分のツイートを読み直してみたんだけど、いやー、私相当好きだったね、ホント(笑。TL もデュラ一色で、みんな待ってたんだなぁって嬉しくなっちゃう。

早速公式も 2 期仕様になってて、高まるぅ!原作最終巻は内容に不満はないものの、ページ数の関係なのかわざとなのか、ヤスダ氏が忙しかったのか挿絵が一切なくて、イラストで見たい場面がいくつかあったから寂しかったんですよね。アニメでどこまでやるかわからないけど、そういう部分含め動くみんなが早く見たいよヾ(゚ω゚)ノ゛



臨也さんに SN の慎二(出るよね?)と、これから先の神谷さんのお仕事への期待に胸が膨らむ一方ですが、今期の神谷さんの声のお仕事の中ではノラガミの夜ト様が大好きです。ちょうかわいい!!怪異モノの主人公なので若干阿良々木くんと被らなくもないけど、阿良々木くんにはない可愛さが夜ト様にはある。そもそも阿良々木くんは可愛くない(笑。

原作は本屋さんで試し読みできる分をチラッと見た程度だけど、絵がとってもキレイな印象。この絵をアニメで動かすのは大変そうだなって思ったけど、演出も映像も丁寧で嬉しかったな。突出したすごいものがあるわけじゃないけど、シリアスとギャグがバランスよく、戦闘シーンもカッコよくて盛り上がります。

以前神谷さんが「主人公を演じられるのはこれが最後かも、と思いながら演じてる」と話していたけど、そうだよね。こういう少年ぽいルックスで深夜アニメの主人公なんてどんどん 20 代の若い声優さんが務めること増えてきてるもんね。神谷さんを夜ト様に起用してくれた制作側マジありがとうって思う。素敵だもん。神谷さん素敵。

top↑

天国でも地獄でも同じこと

B00GU0D8JOパララックス・ビュー
上坂すみれ
キングレコード 2014-03-04

by G-Tools

「サブカル残念系美少女」(大槻ケンヂ命名)こと、声優・上坂すみれさんの 3rd シングル。アニメ『鬼灯の冷徹』 ED テーマ。リピートが止まらない。

すみぺ、好きなんですよねぇ。面白くて不思議な魅力のある娘さんだなぁと思っていて。ビジュアルもいいし(ロリータの似合う子は無条件で好きです)、役者なのかアイドルなのかどっちが本業なのかよくわからない昨今の若手声優アイドルというジャンルの中でも一際異彩を放っておりますね。

イントロからドコドコと暴れ出すドラムの疾走感、すみぺのちょっとチープで不器用な歌声が可愛くときめく仕上がりで、ハラショーな 1 曲です。ギターもカッコいい。そして歌詞を見てびっくり!筋肉少女帯の『小さな恋のメロディ』の続きになってるっていう。なんて、なんて可愛い歌詞なの!オーケン好き!!



MV がまたとんでもないことに。タイトル画面で「あ!魔界村!」だし、次から次へと懐かしいゲーム画面のオンパレード。桃鉄、ドラクエ、メタスラ、スパロボ、ポケモン、ビーマニ、FF、半熟英雄伝…。どんだけお金かけてるのwwwww ゲーム好きには是非見て欲しい MV です。

宝塚用語がタイトルになっている『すみれコード』はアーバンギャルドによる楽曲。こちらは昭和の歌謡曲風味。『パララックス・ビュー』のオーケンと共にアーバンギャルドもすみぺが狂愛するアーティスト。彼女にとっては幸せな 1 枚になったことでしょう。

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-

『鬼灯の冷徹』は原作を読んでいたので、オールカラーになって動くとどんな感じだろうと確認のためにアニメを見ていましたが、遊佐さん演じる白澤様が私の予想をはるかに上回る出来栄えで、登場するや否や悶えました。白澤様が出てきてようやく鬼灯のアニメに対するモチベーションがぎゅんと上がった感じですね!

top↑

田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2014 Spring *Fruits Fruits ♡ Cherry*@名古屋国際会議場センチュリーホール



2 月から田村ゆかりさんのツアー *Fruits Fruits ♡ Cherry* が始まりました。
今ツアー初のホール公演となる名古屋公演に 2 日間参加してきましたよ。

とにかく「ゆかりんやべぇ」しかないです。あれちょっと異次元過ぎますよ。正直、ゆかりさん以上の美女はいくらでもいます。声も演技も楽曲だって、もっと魅力的な人はいると思う。スタイルの良さは別格というか尋常じゃないレベルですが、トータルで見ればそこまでぶっちぎりって感じではないと思う。

でも「ゆかりん」というフィルターがかかるとまさに別次元の存在になるんですよ。「ゆかりん」として見ると存在感だったり説得力だったりがものすごいのです。

声優としてもアイドルとしても、こういうタイプって他にもちょっと見当たらないように思うので、アイムエンタープライズとキングレコードはこれからも総力を挙げて田村ゆかり売り出しプロジェクトを運営していってもらいたい所存です!それが田村ゆかりを世に送り出した事務所の責務ですよ!

top↑

我愛 need you love

「エレン・イェーガー」梶裕貴が 2 年連続声優アワード主演男優賞
やったね!今年の神谷浩史賞も神谷浩史です!!さすが神谷浩史だね!ヾ(*´∀`*)ノ

まぁ受賞するかどうかは正直重要じゃなくて、高いところから失礼するフォーマル神谷さんが毎年見られるということに価値があるのですけど。今年はどんなスーツかなぁ~って楽しみにしてたら欠席だった…がーん。でも代理の池田さんが「高いところから失礼します」って言ってくれたので満足。

でも、助演も主演も数年前に取って、その後 3 年連続で満遍なく票が入るってすごいことですよね。人気のサイクルが早い業界だし、いい作品や役に巡りあえるのかも運だし、ここまで安定した人気を保ってる声優さんなんて一握りですもんね。胸を張っていいよね。(なんだかんだ言いつつすごく嬉しい。鼻高々ハッハッハー)

つーか!つーか!細谷キタワアアアアアアアアアアアアア!!!!来てる!細谷の時代ぐいぐい来てるよ!!「は、は、初めまして…」ってめっちゃ緊張してる細谷見てハラハラしてしまった(笑。でもそれでこそ細谷です。何か目が離せない、何か応援したくなる。そんな細谷さんが好きです。おめでとうおめでとう。

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-

『Dear Girl~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 観てきました。
ゲラゲラワッハッハないい映画でした!

top↑