ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

THERMOS CAT

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ANTENNA

BACK NUMBER

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

Dear Girl~Stories~Dear Boy 祭@LV

声優・神谷浩史&小野大輔のラジオ番組が映画化!番組史上初の海外ロケへ
DGS 劇場版第 2 弾!おめでとうございますー!!相変わらず視覚的ラジオなのでいつかやるんじゃとは思っていたけど香港かぁ…羽ばたき過ぎて怖い(笑。マゾヒスティック・オノ・バンドは野猿みたいになりつつあるよ…そのうちミニアルバムとか出しそうな勢い。



その劇場版情報が解禁された Dear Girl~Stories~Dear Boy 祭のライブビューイングへ行ってきました。乙女のためのラジオ番組でまさかの女人禁制・男子限定イベント。1000 人の Boy たちが集うイベントを全国 15000 人の乙女たちが映画館からのぞき見。まさに奇祭(笑。

お写真は現場に参加した Dear な Boy のお友達から。のぼりじわじわくるね!

top↑

Parasite

伝説の漫画「寄生獣」を山崎貴監督が 2 部作で映画化!染谷将太×深津絵里が参戦
寄生獣の映画化は数年前から企画だけはあったよな…と思ったら。

2005 年に米ニューライン・シネマが原作権を獲得したため、日本では“手が出せない”企画として伝説化していた。しかし今年に入って契約期間が終了したため、日本で数十社による争奪戦が繰り広げられ、東宝が映画化権を取得した。

なるほどそういうこと。染谷くんに深津さんに橋本愛ちゃんて!みんな好きだよ!なんておれとく!!ちょうど友達と染谷くんがどれだけ素晴らしいかを語り合っていた直後だったのでぎゅんとテンション上がってしまいました。まぁ映画の内容的にはそれほど期待はしていないけど…。でも脚本が古沢さんなんだよなぁ!古沢さんの寄生獣、すごく興味ある。

実写映画よりも気になるのはアニメ化のほうですよ。そうかぁ寄生獣をアニメで見る日が来るのかぁ。「連載終了から 20 年」って記述に愕然としたよね。そりゃワスも年取るはずだ…。私が読み始めたのは完結してからだけど。

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-



前回、壁紙をスライドショーにしようかなぁと書きましたが、早速しました!
カワイコちゃんが代わる代わるデスクトップを彩ってくれてワスは満足じゃ!ぐふふ(*`ω´*)

1 枚、VOFAN 氏じゃない撫子がいますが気にしない方向で。だって羽海野先生の撫子だもん!貴重!可愛い!全てエンドカードからですが、並べてみて気付く。真宵と駿河がいないことに…。この先このふたりが VOFAN 氏のイラストでエンドカードを飾る日は来るのだろうか…。

top↑

あたらしい朝がきた



PC がおニュゥになりました゚.+:。ヽ(*゚ロ゚)人(゚ロ゚*)ノ゚.+:。

ついに私も Windows7 ユーザーに!8 と迷ったんですけど、8 にあまり惹かれなくて結局 7 に。これまで PC を買う基準が「ネトゲを快適にプレイできるか」でしたが、さすがにもう熱中して遊ぶことはないだろうとその辺は考えず決めました。いままでの癖で当初はエオルゼア対応マシンばかり見てましたが(笑。

・Windows7 Professional 64bit
・Intel Core i7-4770
・メモリ 8GB
・SSD 128GB / HDD 1TB
・NVIDIA GeForce GTX650 1GB

これで約 11 万円。ゲーム PC で候補に挙がっていたのが 14 万くらいだったのでそっちでもよかったんだけど、宝の持ち腐れになりそうなのでお安いほうにしておきました。それでも高い買い物なので、せっかくだしいい物を!とも思ったんですけどね。毎回 10 万以内で手を打とうと思っても結局 15 万くらいかかってしまっていたので 11 万で済んでよかったなと(*`・ェ・)

スピーカーから音が出なかったり文字入力の挙動がおかしかったりメールやブラウザの設定が移行できなかったり細かい部分でいくつか躓きましたが、何とかオールクリアして自分好みの環境になりました。不安だったインターフェースの変化も思ったよりは戸惑いなく。Photoshop を立ち上げるとタブレットドライバがエラー吐くのがちょっと気になります。一応最新の入れてあるんだけど(´・з・)

壁紙は何となく戦場ヶ原ひたぎさん。季節的に見てると寒い(笑。VOFAN 氏の物語シリーズイラストも増えてきたのでスライドショー表示にするのもアリかと思ったけど、手持ちの画像がサイズバラバラで上手いこと表示できず断念。暇があったらサイズ統一した画像を作ろうかしら。

とにかく起動が恐ろしく早いところが先代との一番の違い。再起動ひとつするにもゴゴゴ…って感じののろのろ起動だったのにいまはシュン!ビュン!ですからね!いまは余計なファイルもないからホントに快適。この状態をずっと維持していきたいけど、1 年後にはどうなっていることやら(^o^)

top↑

よんでますよ、アザゼルさん。Z 全巻購入者対象イベント@パシフィコ横浜



よこはまコスモワールドの観覧車。横浜にはわりとよく行きます。で、大体この付近をうろうろする機会が多いのですが、暗くなってからここを通るときは帰りの新幹線の時間を気にしてゆっくりしている余裕がないので、足早に通り過ぎてしまい夜景を堪能することができません。

この付近をうろうろ=パシフィコ横浜で開催されるイベント参加のため。なわけですが、この日は早めにイベントが終了しようやくキラキラ光る観覧車の写真が撮れたのでした。きれいだった~゜.+.(*'ω'*)゜+.゜

そのイベントとは先月行われた『よんでますよ、アザゼルさん。Z』 のイベントです。他のネタを優先して後回しにしていたらあっという間に 1 ヶ月経ってしまい鮮度 0 %ではありますが、楽しかったので記録として残しておきます。なかなかにお下品な内容となっていますのでご注意を!

top↑

「オメデトウ」という勲章を

楽天日本一!マー君が締めた/日本 S 詳細
東北楽天ゴールデンイーグルス日本一おめでとうありがとう!!!!
星野監督、人生初の日本一おめでとうございますありがとうございます!!!!

もう昨晩から徹夜の勢いでニュースやら何やらで何度も何度も見返してるけど未だに涙止まりません。あーもう嬉しい!嬉しすぎて訳わかんない!目からのみならず、身体中のありとあらゆるところからどれほどの液体出したかわかんない(笑。

今年の日本シリーズはホンットーーーーーーーーーーーーに見応えがありました。私は親に「巨人は敵」と洗脳されて育ったので(笑、基本巨人が負ければ何でもいいんだけど、その相手が楽天じゃなかったらここまでかじり付いて見ていなかったと思います。

第 6 戦でマーさんが決めるとワクワクしながら見てたらまさかの…な結果で死んだ魚の目になったけど、これで第 7 戦が余計に面白くなりめっちゃ燃えました。9 回で空気読まずに巨人が逆転したら、憎しみが爆発して一周まわって巨人ファンになるところでした。まだ私巨人嫌いでいられるよ。

3.11 をひっくり返した 11.3 に東北が歓喜に沸くってなんて劇的なの!東北のみならず、きっと日本中の誰もが祝福した日本一だと思う。この感じは 95 年のオリックス優勝(日本一にはなれなかったけど)に通じるものがあるなぁ。おめでとう楽天。ありがとう楽天。おつかれさま巨人。ありがとう巨人。

マーさんといえば私は 2006 年の甲子園が忘れられません。本当にドラマチックな年だった。熱闘甲子園で流れた総集編の映像が泣けて泣けて。マーさん見るたびにもう一度見たいと思ってる。

top↑

やっと逢えたね

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』観てきました。

2011 年 1 ~ 4 月にテレビ放送され、第 15 回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど高い評価と人気を獲得した「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版シリーズ第 3 作。全 12 話の TV シリーズを再構成した「前編 始まりの物語」「後編 永遠の物語」に続く完全新作の長編。

まどかとキュゥベえの契約により、魔法少女が魔女になることのない世界が構成された。暁美ほむらは、その新しい世界で戦い続ける。彼女の目的はただひとつ、記憶に残っている鹿目まどかに再び出会い、あの笑顔をもう一度見ることだった。



これはある意味ホラーと言ってもいいんじゃなかろうか。人の情念は宇宙の法則さえ覆すといった意味で。とてもよかったですよ。単純に「面白かった」と言っていいのか…とにかく「すごかった」。とんでもないの作ってきたなってのが見終わって最初に浮かんだ感想です。

以下ネタバレを含んだ感想になりますのでご注意を。

top↑