ABOUT

はな

Author:はな
中身がアレなので内容もソレな感じです。ねこ奴隷。

CATEGORY

RECENT ENTRIES

BACK NUMBER

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

SEARCH

RECOMMEND

ET CETERA

た~~~まや~~~~~!!!



去年からコツコツコツコツ視聴していた戦国鍋 TV、最後のイベントでもある武士ロックフェスティバル 2013 をもって、全巻完走しました!ゆったりペースだったけど 1 年もかかるとは(笑。面白かったなぁ楽しかったなぁ。

武士ロックは番組の集大成にふさわしいイベントでした。出てくる人たちみんな大好き!ただでさえキャスト多いしそこまで拡樹くん個人はフィーチャーされてないだろと思ったら拡樹くんめっちゃ映る。happy!!!

ダンスのお稽古がんばる拡樹くん。
稽古着が無駄に派手な拡樹くん。
たまに私服が壊滅的にダサい拡樹くん。
前ちゃん様と関西弁トークする拡樹くん。
村井くんと鍋つつく拡樹くん。
村井くんとおそば食べる拡樹くん。
村井くんとイルミネーションをバックにハグする拡樹くん。
etc...

村井くんと拡樹くんのツーショット、100000 回見たいまでもやっぱりショック死しそうになるので危険物取締法が必要(???)。

拡樹くんに関しては見逃してきた時間が多過ぎて悔いても悔やみきれません。そして、もう村井くん七変化を見ることはないんだなぁ…と思ったら自分でもびっくりするほどいま寂しさでいっぱいです。この 1 年でいっぱい見たもんなぁ…。

「2.5 次元男子推し TV」 最終回、鈴木拡樹&村井良大が戦国鍋・ペダステ振り返る

呆然。

top↑

リーディングシアター『緋色の研究』

バツイチ女性と路上ミュージシャン描く、田村孝裕新作に高橋由美子・鈴木拡樹ら
拡樹くんの新しい舞台きたああああああああああああああ!!!!

主演映画が公開され、朗読劇も終わってしまい、現在公表されてるお仕事の予定って大演練(全く続報聞こえてきませんが、生きてる?大丈夫?)くらいで、次はいつ拡樹くんを拝めるのだろうか…と思っていたのでとりあえず生きる目標ができました。

離婚後、1 人で暮らしている時子は、路上ミュージシャンの翔真に心の隙間を埋めてもらいながら、彼に多額の金を貸していた。ある日、NPO 団体のメンバーであるという男・柏木が時子のもとを訪れ、「翔真という男に騙されているんじゃありませんか?」と尋ねる。そこから次第に時子の人生は大きく狂っていき……。

路上ミュージシャン…歌うの…?弾き語るの…?って想像するだけで変な汗が出てくるんだけど(笑。それよりこれはちょっと…クズっぽいにおいがしない…?クズだったらどうしよ~~~~!!!(ちょう期待)

私、拡樹くんにあまり人間みを感じないというかお芝居していない時でも温度をあまり感じられない(有事の際は除く)せいか、現代劇だとなんだか浮いて見える、空間に隙間を感じるんだよね。だから普通の人間(?)役に苦手意識があるんだけど、演じられる幅は広いに越したことはないから頑張って欲しいな。

次こそは無事幕が上がりますように!

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-

リーディングシアター『緋色の研究』を見ました。2 日目の有澤樟太郎さん、鈴木拡樹さん回と 3 日目の染谷俊之さん、佐藤流司さん回の感想です。



約 9 ヶ月ぶりに舞台に立つ鈴木拡樹さんを見たわたし。

top↑

The Show Must Go On



行く予定だった舞台の中止報告にも慣れた今日この頃。
「推し事がないとお金ってこんなに貯まるのか!!!!!!」と痛感する日々です。

拡樹くん主演の『アルキメデスの大戦』の払い戻しをするために発券したら、なんと最前列センター!っていう。どうしてこんなときに限って…。こんな神席、もう自力で取れることはないでしょう。涙も出ない。

短期間に嬉しい知らせと悲しい知らせが交互にやってきて、ジェットコースターのように浮かれたり沈んだり。元々インドアな人間だし、普段から頻繁に人と会うこともないので外出を制限されても全然苦ではないんだけど、さすがにもうストレスで無理だなってところまで来てしまった。

ストレスとは上手く付き合ってると自負していたんだけどな。
そりゃこれまでエンタメに支えられイベントごとで発散してたんだから当然そうなる。

ただ、参加する側の私にとってこの気持ちを形容する言葉が見当たらない。「悲しい」でも「悔しい」でもなく、事実として「現状を考えると仕方がない」としか言えない。公演中止に伴って悔しい思いをしているのは公演のためにずっとずっと前から準備してきたキャストやスタッフの方々だと思うから。

ライブに行けること・観劇できること・CD や DVD を買えること・映画やアニメで感情を動かされること。それを糧に日々頑張れること。やっぱり私にとって「エンターテインメント」の存在は大きい。好きなものがある暮らし・好きな人に会える暮らしというのはとっても幸せなことなの。

この状況が収束したら楽しいことが待っている。好きな人にも会えるし好きなことが自由にできる。来年の今頃には遠征の予定を立てながら「お金が足りな~~~~い」などと嬉しい悲鳴を上げていればいいなぁ、なんて。そう考えながら引き続き家での時間を楽しもうと思う。

top↑

鈴木くんと佐藤くん

「あさステ!」パーソナリティがゲストと挑む、朗読劇「緋色の研究」生配信

出演者には 6 月 17 日に松村と鈴木勝吾、18 日に有澤と鈴木拡樹、19 日に染谷と佐藤流司、20 日に東と橋本祥平、21 日に矢崎と相葉裕樹が、それぞれ名を連ねた。

配信に向け毛利は「シャーロックホームズとワトソン。最高に魅力的なコンビを最高の役者の皆さんが演じます。私も含めて役者・スタッフ一同、これまで貯めてきたエネルギーを全力でぶつけたいと思っております! ぜひともご期待ください!」とメッセージを送っている。

やーーーーーっほーーーーーーほーとぅらららっっっ!!!!!やっほーほーとぅらららっっっ!!やっほっほーーとぅーーーら!ら!らっ!!やっほっほ!!!!!!!

ってさ、どんだけテンション高いねん。って思ってたんですけどこの歌。一体どんな気持ちでこの詞をしたためたんだ、この作詞家は。って思ってたんですけど、いまならわかる。きっと拡樹くんと佐藤さんの名前が並んでるのが嬉しすぎて、興奮のあまり書き散らしたのがこの歌の起源なのだろう、と思いました。はーーーそんなわけない。

これずっと昔に拡樹くんがワトソン役でやった作品よね?今度はどっちだろう。ホームズで見たいな~。少年社中で毛利さんでこのキャスティングで、自宅で朗読劇が見れるのめちゃくちゃ嬉しいんだけど、こんな素敵企画はやっぱり劇場で直に観たいと思ってしまう…。

でもでも、いろんな役者さんが配信でお芝居したり近況を語ったりする中、拡樹くんはやらないのかい?やらないだろうな~笑!と思ってたので本当にうれしいよ~!

ていうか鈴木勝吾くんに拡樹くんに佐藤さんに橋本くんと、ここまではわかるんだけど、このメンツの中にあいばっちが入ってることがすごく意外でした。つまり最高。拡樹くんと佐藤さんは当然見るとして(つーか全公演見たい)、正直一番興味があるのはぴろしとあいばっちの組み合わせだったりする(笑。



いまの私にこんなにもぴったりなお菓子ある?また売って欲しい。めっちゃ食う。

top↑

読書記録 #054

殺し合う家族 (徳間文庫)殺し合う家族 (徳間文庫)
著者:新堂 冬樹
現実にあった事件をモチーフにしているというのは帯にも堂々と書かれているので、それをどう新堂が自分色に染めるのかなってのが私にとっての読みどころだったわけですが、予想(期待)に反してほとんどそのまんまだったことに驚きました。

特に物語の主人公である富永という男は現実の人物のイメージそのものと言っていいと思うし、そういう意味では目新しさもないし新堂が書いたという付加価値は特別ありませんでした。それでも最後の 1 ページまでぐいぐいと読んでしまったのは、いい言い方ではありませんがやはり現実の事件が持つ力、なのだと思う。

ヨコハマ B-side (光文社文庫 か 52-1)ヨコハマ B-side (光文社文庫 か 52-1)
著者:加藤実秋
意識してるのかしてないのか分かりませんが(絶対してると思うけど)IWGP のバッタもん以外の何ものでもないですね…。

IWGP はマコトという揺るぎなき主人公がいるのに対して、こちらはエピソードごとに主人公(視点)が変わりそれぞれが直接の交友関係がなかったにしてもビブレ前広場という存在によって繋がっているという違いがあるし、展開だったり描写だったりキャラ設定だったり所々悪くないと思える箇所はあるものの、やはりバッタもんという印象は否めません。

デンデラ (新潮文庫)デンデラ (新潮文庫)
著者:佐藤 友哉
50 人近い登場人物が全て老婆、そして雌の熊という佐藤さんにあるまじき意欲作でした。私の中で佐藤さんといえば、いまだに「青春小説の旗手」なのですが、老婆と熊しか出てこない今作品でも閉塞感と陰鬱な破壊衝動は共通…どころかこれまで以上にギリギリでキリキリしてます。甘え一切なし。

裁くのは僕たちだ (ミステリ・フロンティア)裁くのは僕たちだ (ミステリ・フロンティア)
著者:水原 秀策
代議士が被告なので有罪か無罪かに政治絡みの思惑があるのかと思いきや、男に接触する人物たちの真の動機になかなかすごいドラマがあって、そこはちょっと驚きました。

あと、検察と裁判官がズルズルのツーカーで、無罪判決を出すとお互いの評価に関わるから裁判官 3 人の票は最初から「有罪」と決まってるってのにはそんなもんだろうと分かっていながらも、やっぱりこの裁判員制度というものに対してなぜこんな制度が必要なのか?と納得…というか理解しかねる。誰のための制度なのかと。

読書メーター

top↑